榊原健太郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

榊原健太郎のプロフィール

榊原健太郎、さかきばら・けんたろう。日本のベンチャー投資家。ベンチャーキャピタル「サムライインキュベート」創業者。愛知県出身。関西大学卒業卒業後、日本光電工業、アクシブドットコム(のちのVOYAGE GROUP)、インピリック電通(のちの電通ワンダーマン)などを経てサムライインキュベートを設立。ベンチャー企業育成に尽力した。

世の中に対して「何故?」と思うことが大切。


誰も会いに行ったことのない人と、新しい関係を築く方が得るものが多い。


私は人から褒められるのが好きなのでたくさん褒められたい。たくさん褒められたということは、それだけ世の中を変えられたということですから。


出来る人は小さな約束でも必ず守ります。達成するために、寝ずに、どんな手段を使っても期限を守ろうと必死に努力し、成し遂げます。


アクションを起こせば世の中が変わる。


無理だと思って諦めるのではなく、実際に行動してみること。「できるできない」ではなく「やるかやらないか」の精神を持ち、若いうちは、目標を大きく持ち、多く経験を積むことが大切。


約束を継続することは大変ですが、続けることは、自身の成長につながるチャンスにできます。


起業を目指す若者たちには、コミットすること、スピードを早く、常にこの二点を言っています。


サムライインキュベートを始めて6年になりますが、支援いただいたことに感謝すれば、更なる支援を頂けることを肌で感じてきました。まさに「感謝すれば倍返し」です。


感謝される人になるには、自分から感謝できる人間にならないといけません。


できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える。


悩みの解決はビジネスアイデアを発想する際の基本であり、その悩みを解決することで世の中が大きく変わることが読めれば、そのビジネスは必ず成功します。


悩みを解決できるということはニーズに直結しているということにほかならない。逆に言えば、何の悩みも解決できないベンチャーは、いずれ消えていく運命にあります。


日本人には素晴らしい妄想力があります。未来を徹底的に妄想し尽くしたとき、そこに未来のベンチャー企業の姿が見え隠れしているのです。


0から1を興すのがベンチャー。今あるものの延長ではなく、まだ目に見える形では存在しない10年後の未来社会の姿を妄想する必要があります。


今流行っているサービスの応用版だったり、将来の世の中にとって本質的に必要でないベンチャーは生き残ることはできません。


将来のビジネスアイデアを考えるとき、未来系のアニメや映画を観るのが手っ取り早い。なぜなら、そうした映画に出てきたアイテムが、後々現実のものとなっている例がとても多いからです。たとえば『ミッション:インポッシブル3』の主人公が変装に使う仮面は、撮影した相手の顔のデータから瞬時に形づくられるんですが、この技術は3Dプリンタで実現しました。また、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』にはコンタクトレンズ状の超小型カメラが登場しますが、なんと今、グーグルがこれを実際に作ろうとしているのです。


何のために起業するのか、何のために就職するのか、はたまた、なんのために生きているのか、これら日常で当たり前になっていることの本質を捉え、自分の目標を達成するために必要なことを考え、行動すべきです。そのようなことに疑問を持てないようでは世界を変えようなんて出来ないと私は考えています。


過去の人達の努力に比べたら自分のしていることは、大したことありません。夢と希望を持っていたにも関わらず亡くなった方々は、今も過去も山ほどいます。その方々のことを思えば、いくらでも努力できると私は思います。


イスラエル現地で驚いたことは、物事に対するレスポンスの速さです。誰かに会いたいと頼めば、その場で携帯を取り出し電話してくれます。日本みたいに長々と返事を引き伸ばしたりしません。「48時間以内に返事がなかったら死んでいると恩ってくれ」とイスラエル人は、冗談交じりに言いますが、一日という単位を大切に思っているが故の言葉でしょう。


日本である程度成功してしまうと海外進出への意欲を失ってしまうベンチャー企業は少なくありませんが、日本で伸び盛りの時期にアメリカに行けば絶対に資金調達できる。日本で成功してもそれで満足せずに積極的に海外に行って欲しい。


シリコンバレーでも日本でもそうですが、成功するスタートアップはメチャクチャ働いています。3年間は、睡眠時間は3時間位というのが当たり前です。


米国シリコンバレーでは、成功した企業家が投資家側になり、スタートアップ企業に経営のノウハウを指導する好循環があります。日本でも企業家が支援する仕組みが、今の100倍は必要だと考えています。そこで、私たちは支援先の経営者に対して、将来的には支援者になって欲しいと話をしています。


日本では一体どんなことが起業を阻んでいるのかというと、起業することはリスクが大きいと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、若い人にリスクなんてありません。


スポーツでは、サッカーや野球の日本代表が世界で活躍しています。彼らが世界に近くなった理由は、まずは競技人口が多いからです。同様に起業を志す人口が増えれば、必ず世界で活躍できるベンチャーが日本からも出てくるはずです。


誰もやりたがらないことを率先してやっていれば自然と人が集まります。仕事に限らず、飲み会の幹事やトイレ掃除であっても、自ら実行する姿勢を見せることで、自ずと声を掛けてくれる人、いざという時に助けになる人と繋がります。


大企業病の発症ポイントは、新卒の方が提案した事案を上司がリスクを恐れて批判、反対することによって起こります。せっかくの新しい考えが潰されてしまうのです。このようなことは、絶対に行ってはいけません。否定せず「その考えいいね! 俺が責任を持つから一緒に考えよう!」、部下にそう言ってくれる上司がいれば大企業病は治るのです。


今の学生で起業したいと考えている人がいるならば、インターンを経験することを勧めます。学生のうちに会社見学だけではなく、自ら職務を得て社会人の現場を経験することはとても大切です。計画を立て、目標を達成することや、自分の思い通りにならない「不条理」を経験して欲しいと思います。その中で、人とのコミュニケーションの大切さや上司部下の関係など、学校では教えてくれない学びを得られるはずです。


自分が親になったときのことを考えてください。子供にどのような親として見られたいですか。失敗を繰り返しつつも挑戦し続けるお父さんか、失敗を恐れるあまり、言い訳を続けて何も行動を起こさないお父さんか、どちらが格好良く見えるでしょうか。勿論前者です。私は子供ができたら、胸を張って自分の仕事、過去の失敗を言える格好良い父親でありたいです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ