楠本憲吉の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

楠本憲吉のプロフィール

楠本憲吉、くすもと・けんきち。日本の俳人、随筆家。大阪の料亭なだ万に生まれる。慶應義塾大学在学中から句作を開始。「慶大俳句」を組織した。卒業後は、俳誌『野の会』を主催。俳句作家同盟会長、現代俳句協会顧問、東横学園女子短期大学客員教授などを務めた。そのほか、数多くの一般向けエッセイを執筆した。

美しく話すことは、いかに美しく聞くかということです。つまり、話し上手は聞き上手で、言葉をかえれば、美しく話すことは、いかに美しく黙るかに尽きます。


会話のセンスは、要はその人、その人に合った言葉を選び、この場合はこんな言葉づかいがいいのかなという、できるだけ新鮮な、手あかのつかない言葉で話すことだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ