森郁夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

森郁夫のプロフィール

森郁夫、もり・いくお。日本の経営者。富士重工社長。高知県出身。早稲田大学理工学部卒業後、富士重工業に入社。海外営業本部北米事業部主管、海外営業本部海外生産推進部長、海外営業本部海外企画部長、スバル営業本部営業企画部長兼販売促進部主管、執行役員スバル営業本部欧州地区本部長兼アジア・大洋州地区本部長、執行役員スバル部品用品本部長、常務執行役員スバル海外営業本部長、専務執行役員スバル海外営業本部長などを経て社長に就任。

私のモットーは、「楽しく、厳しく、仕事をしろ」です。


我々は自分たちが持つ技術の強みを生かそうと、社内発想になりすぎていたのかもしれません。やはり、お客様視点にキチッと戻さなければいけません。しっかりした製品をつくっても、お客様に認めていただけなければ、メーカーとしての存在意義はありません。


飛行機をつくりたいと入社したのに、計数課にまわされ、はじめはガッカリしたんですけれど、書類やモノの流れなど、会社の全体像がよく分かったので、後から考えると最初に計数課に配属されてよかったと思います。


営業を実際に体験すると、あまりの変数の多さに驚きました。極端な話、天気予報が外れるだけで売れ行きが大きく変わる。ライバル企業のクルマがヒットすれば、途端にこちらの販売が落ちる。販売の最前線は生き物。読み切れないのです。たどりついた答えは「市場変化についていける柔軟な工場が必要だ」。やってみなければわからない。大きな収穫でした。


社長就任当時、当社は開発から生産、販売まで高コスト体質にどっぷりつかっていました。社員は「いつかまた良くなるだろう」と危機感がない。これでは危ないと、軽自動車生産からの撤退を決断しました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ