森功(医師)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

森功(医師)のプロフィール

森功、もり・いさお。日本の医師。医療法人医真会理事長。兵庫県出身。大阪市立大学医学部卒業後、ケニアエンブ市立病院、アメリカのジョンスホプキンス大学に勤務。帰国後、八尾徳洲会病院院長などを経て医真会八尾病院を開設。医療事故調査活動を行った。NPO法人国際医療協力機構理事長なども務めた。また、『診せてはいけない』『安心できるドクター・病院の選び方』などの著書がある。

人間が間違いを犯すことを皆無にはできません。ですから、組織としてそれを早く見つけて大事に至るのを防ぐことが大切です。


いくら経験を積んでも、原則的な診断・治療を謙虚に勉強する姿勢こそ大切なのではないでしょうか。私はいまでも、自分の机に研修医時代に使った診断や治療のマニュアルを置いて、診療にあたっています。


診断過誤の背景には、自分のわかる範囲で病名を決めてしまったり、自分がわからないことを隠して病名をつけてしまう「決めつけ診断」があります。医師としての知識・技術の未熟さと独善性が背後に潜んでいるわけです。過誤があったと鑑定したケースの9割以上について、こうした問題点が認められました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ