森内敏晴の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

森内敏晴のプロフィール

森内敏晴、もりうち・としはる。日本の経営者。京都リサーチパーク社長。大阪ガスの北東部リビング営業部長などを経て京都リサーチパーク社長に就任。京都で産学公連携事業の支援などを行っている。

京都の産業界、特にモノづくりの両輪は、伝統工芸と先端技術です。一見、対照的ですが、老舗企業も常に変革を続け、新たな技術を追求しています。組紐(くみひも)の伝統的な技術が、医療の血管補強材に応用された具体例もあります。伝統と先端というポテンシャル豊かな両輪で、京都の産業界は日本を力強くリードしていくものと期待されます。


1980年代のバブル経済が崩壊しても、京都企業は大けがを負わずに済んだ。そもそも土地や株に、無闇に手を出していなかった。経営の足場、すなわち経営哲学が盤石だから、抑えが利いたのです。同様のことは、高い収益性にも当てはまります。京都企業は自社製品の付加価値を明確に定義し、価格競争に巻き込まれない経営を志向しているのです。


ビジネスの舞台の範囲が広くなるほど、経営の根幹をなす理念を堅持していくことは、より重要になるでしょう。


京都の企業には必ずしも唯一の経営モデルがあるわけではないと思いますが、多くに共通する経営の軸は認められます。それはまず「先義後利」の精神。道義を優先し、利益は後でついてくるという考え方で、これが高い倫理観やCSRにもつながっているように感じられます。また先義後利に代表される、各社の基本的な経営哲学が明確です。


産学公の機能が近接エリア内に凝縮したコンパクトシティの効果としては、産学公による濃密なコミュニケーションと良好な関係構築が大きい。みんなで京都を愛し、さまざまな産業・経済の取り組みが「オール京都」というキーワードのもと実行されるのも特徴的です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ