森久保有司の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

森久保有司のプロフィール

森久保有司、もりくぼ・ゆうじ。日本の経営者。パンチ工業株式会社創業者。日本大学法学部卒業。32歳でパンチ工業の前身である神庭商会株式会社を設立。同社を大きく成長させ東証二部に上場させた。

ものづくりのグローバル化は、日本など先進国のものづくりの手法がそのまま広がるのではなく、現地の事情に合わせて手法が多様化することです。日本の目線で世界市場の攻略を考えるのではなく、現地企業の目線に合わせて製品を供給しなければなりません。


新興国市場は、コストに対する要求が厳しい市場です。しかし、現地のものづくり企業には、「安物買いの銭失い」という愚は犯さない賢さがあります。生産の効率や品質などを左右する設備・部品に関しては、妥協せずによいものを使うということです。端的に言えば、実績のある日本品質の設備・部品を使いたがっているのです。


金型用部品を販売している競合企業もありますが、パンチ工業の強みは製販一体の事業体制を取ることで、顧客の要求に迅速かつ的確に応えることができる点です。この強みは、特に特注品の製造・販売で効果を発揮しています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ