梨田昌孝の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

梨田昌孝のプロフィール

梨田昌孝、なしだ・まさたか。日本のプロ野球選手(捕手)、プロ野球監督、野球評論家。島根県出身。島根県立浜田高校野球部時代甲子園に出場。卒業後ドラフト2位で近鉄バッファローズに入団。同チームの正捕手として活躍。独特な打撃フォーム「コンニャク打法」を編み出した。数多くのタイトルを獲得し引退。野球評論家を経て野球指導者になる。コーチ、二軍監督などを経て近鉄バッファローズ監督に就任。同チームを日本一に導いた。また日本ハムファイターズの監督も務めた。

投手出身でも野手について学び、野手出身でも投手の育成に関心を持つ。何にでも口を挟むのはよくないが、自分の知識として得意分野以外も学ぶ姿勢は、これからの指導者に強く求められると実感している。


プロ野球選手の優劣は、技術力、すなわち残した数字で決まる。だが、チームで高い成果を挙げるためには監督以下、コーチ、選手、裏方も含めてすべての人間の心をひとつにすることが不可欠である。


私の若い頃のように、選手が監督に呼ばれるのは怒られるときだけ、ということはなく、選手たちは監督の考えや思いを常に知りたがっている。「黙って俺についてこい」の時代は終わり、緻密な相互コミュニケーションが強い組織の土台になるとも言われている。そうした時代にあって、監督の参謀役は必ずしも一人に限る必要はないと思う。投手と野手、攻撃と守備、育成と熟成。監督にとって各部門に参謀、あるいは信頼できる相談相手を持つことも理想的なチームづくりのポイントになる。


二軍の監督をしていたとき肝に銘じたのは、決して一軍の監督のイエスマンになってはならないということ。一軍のチーム状態が良好なときは問題ないが、5連敗、6連敗と負けが込んでくると、佐々木監督からはイキのいい選手を送ってほしいと求められる。私も一軍の勝利に貢献できる選手を推薦したいのだが、残念ながらそうした選手が見当たらない時期もある。そんなとき、不調で二軍落ちした選手を再び昇格させよと命じられても、私が太鼓判を押せなければ「まだ駄目です。少し辛抱してください」と答えられるかどうかが重要だった。二軍監督には、選手の将来を預かる役割もある。戦力にならない状態で一軍へ上げても、その選手を潰してしまうことになりかねないのだ。一軍のために動きながらも、時には選手を守らなければならない。


監督も参謀役も経験してわかったのは、監督という仕事は選手からいきなり就任しても成功した人はいるが、若い参謀役が目立つ実績を挙げた例はない。つまり、参謀役とは監督以上に難しい仕事であり、指導者として豊富な経験が必要だということだ。


若い監督をサポー卜するには熟練の参謀でなけならないというのが本音である。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ