梅野重俊の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅野重俊のプロフィール

梅野重俊、うめの・しげとし。日本の経営者。和食レストラン梅の花の社長。福岡県出身。高校卒業後、大手自動車工場に入社。その後退社し、飲食業での独立を目指す。25歳のころ、福岡県久留米市でカニ料理専門店「かにしげ」をオープン。35歳で湯葉と豆腐の店「梅の花」をオープン。そのほか多くの業態に進出し、東証2部上場を果たした。

席で拍手が聞こえたら、何かお祝いがあったのではと聞きに行き、そして一品をお店からサービスする。これが大事です。


お客様のニーズと時代の変化に対応できる備えと謙虚さを持ち、努力を続けるだけです。


正直にこれは無理だと思うものもありますが、それでもノーとは言いません。失敗しますが、それで店長は成長します。この過程がないと前には進みませんから。
【覚書き|各店舗で店長たちにオリジナルメニューを考案させていることについて語った言葉】


男性客への浸透は道半ばですが、雰囲気を壊さなければ、こだわらず美味しい単品料理を開発し、どんどん提供していきます。
【覚書き|女性客の割合が高い中、男性客獲得にも力を入れていることについて語った言葉】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ