桜田厚(櫻田厚)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜田厚(櫻田厚)のプロフィール

桜田(櫻田)厚、さくらだ・あつし。日本の経営者。ハンバーガーチェーン「モスバーガー」などを展開する「モスフードサービス」社長。東京出身。高校卒業後、父の急逝で大学進学を諦め広告代理店に入社。叔父で創業者の桜田慧に誘われモスバーガーの創業に参画。直営店店長や店舗開発・営業などの業務を経験。西日本営業部長、直営部長、海外事業部長(台湾赴任)、海外営業部長、取締役東日本営業部長などを経て社長に就任。そのほか、日本フランチャイズチェーン協会会長、日本ハンバーグ・ハンバーガー協会会長などを務めた。

もちろん数字も大事ですが、より大事なのは、どうしてそのような数字になったのかという根幹の部分です。


仕事だけでなく、人間として成長してほしいと思う。人間としての成長なしにいい仕事はできません。


私たちは創業以来、とにかく面倒なことばかりしてきました。他社と違うところがあるとしたら、そこだと思います。


根幹の方向性が正しければ、一時的に数字が悪くても気にする必要はありませんし、逆に根幹がブレていたら、たとえ業績が好調でも安心はできません。


モスバーガーは手間がかかるからおいしいのだと考えて、面倒なことを面倒くさがらずにやってきた。


必ずしもみんなが同じことをしなくてもいいし、中には逆のことをする会社があってもいい。


モスでは、できるだけダイレクトコミュニケーションを心がけるようにしています。お客様とのコミュニケーションもそうですし、社内でも同様です。


リアルな世界では状況が違えば、ふさわしい答えも違う。その都度、自分の頭で考えて正解を作っていくしかない。


上限を自分で決めず、努力を重ねることが大切。


モスバーガーの看板メニューは「モスバーガー」です。時代に応じて改良を加え続けた結果、創業以来、今も一番人気です。


いつものことをいつも以上にやろう。
【覚え書き|店長時代、店舗規模が約9倍の競合店がすぐ目の前に出店してきたときにスタッフに言った言葉。このとき売上記録を更新することに成功した】


どの企業も理念や目標を掲げていますが、お客様やお取引先にそれが伝わるよう、努力することが大切です。


2011年からお客様と直接対話する「モスバーガー・タウンミーティング」を開いています。ご愛顧いただいているお客様をお招きし、私から事業の話をして後半は懇親会。ご質問、ご要望にはその場でお答えします。


先日、伊那食品工業の塚越寛社長の本を読み、どうしてもお会いしたいと考え、片道4時間かけておうかがいし、やはり4時間話し込み、4時間かけて戻ってきました。スケジュールを調整する秘書は大変だったかもしれませんが、やはり直接お会いしたことで、大いに刺激を受けることができました。


私は100回のメールよりも、1回会って話をすることを選びます。やはり直接会うほうが面倒ですが、そのほうが自分の想いも伝わり、より多くの情報を得ることもできるからです。


私自身、プロフィールを見ると成功ばかりしているようですが(笑)、その陰で山のような失敗をしています。若い人にはぜひ、自分の頭で考えて、失敗を恐れずにたくさんのチャレンジをしてほしい。


30回失敗した人と3000回失敗した人がいれば、私は後者を評価します。3000回の失敗の裏にはもっとたくさんの経験があり、それだけ成功もしているはずだからです。


店舗の前のイーゼルに立てかけてある手書きのボード。何を書くべきというマニュアルはありません。一人ひとりが毎日考え、書いています。もちろん手間はかかりますが、お客様に何を伝えようかと考える習慣が、コミュニケーション力をつけることになるのです。


我々は他のファストフードチェーンと違い、細かい接客マニュアルを作っていません。というのも、たとえば「お客様が見えたときは、おはようございますと元気よく言いましょう」というマニュアルがあったとします。すると、形式的にあいさつすることだけが目的になってしまう恐れがあるからです。これでは機械と同じです。


私自身は勝ち組という言い方が好きではありません。企業の評価は2種類あります。1つは、業績など数値化できる定量的評価。もう1つは数値化できない定性的な評価です。たとえば好き嫌い、なんとなく応援したいというのがこれに当たります。本来、この2つの評価が一緒になって企業のブランドが作られるわけです。ところが、マスコミのみなさんは、わかりやすい定量的な数字だけに振り回されて、やれ勝ち組だ、負け組だと判断してしまう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ