桜井章一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜井章一のプロフィール

桜井章一、さくらい・しょういち。雀士、作家。東京出身。雀士として20年間代打ちをしたのち「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開設。「雀鬼会」を設立。また多数の本を執筆した。

考え方を固定しないこと。物事の判断をいつも白か黒かの両極に分けることはお勧めできない。両極ばかりに目が行き、その間に目がいかなくなるから。


心がまったく揺れ動かない人はいません。でも、いくら心が揺れても、最後には収まればいいのです。


会社や肩書きから離れた場を自分の中に設けるようにしてもらいたい。それが自分を一歩引いた立場から眺め、心のバランスを取ることにつながるはず。


硬直した思考からは、硬直したもろい心しか生まれない。


自分に降りかかってきた困難や課題に対しては、あえて飛び込む覚悟を持つことで、活路を見いだせることもあるはず。


世の中には、あえてリスクという「懐」に飛び込むことで得られるものがある。


ときにはあえて困難に飛び込む勇気を持つことで、自然と平常心を身につけられるのではないかと思う。


不安の強い人は自分を守ろうとしていろいろなものを身につけ、自らを重くしてしまう。重い荷物を抱えている人に運は味方しない。


人間だから、不安を完全になくすのは無理だろう。しかし、危ない状況を自ら楽しむ意識があれば、不安はうんと小さくなる。


運というものは、誰かの中に眠っているものではない。環境や人間関係によって刻々と変化して、近づいたり離れたりする。


避けようとするから余計に追ってくる。ならばあえて反対の行動、つまり「相手の懐に入ってしまう」。こうなると、物理的にも殴りにくいもの。


世間にはいろいろな人がいます。要領の悪い人、人を騙す人……。けれど、彼らからも学ぶ部分はあります。なぜ彼は効率が悪いのか。嘘をつく人にはどんな特徴があるのか。そう考えれば、いろいろな人がいたほうがラッキーだと思いませんか。


私は「負け」にも流儀があると思っています。もし、どうしても勝てそうにないという局面になったとしても、「あきらめる方法」は百も二百もあるはず。その中の一つか二つにもっと「良いあきらめ方」があるかもしれません。単に勝負を投げるのと、最善手を模索した結果、撤退するのとでは、まったく違います。私自身、そんな「センスの良いあきらめ方」をする対戦相手には常に一目置いていました。


勝負をすべて「勝ち」と「負け」の両極だけで考えるとどうなるか。負けが見えた瞬間、自暴自棄になってあきらめてしまいます。これでは勝てる勝負も勝てなくなる。


私の中の「軸」の一つは、「勝ち負けの結果だけではなく、いい勝負がしたい」という想いです。その軸があったからこそ、ヤクザに「負けろ」と脅されるような修羅場に陥っても、どこか自分を客観視することができ、冷静に勝負ができたのだと思います。


いくら激しく心が揺れていても、「軸」があれば徐々にその揺れは収束していく。いわば「自分の軸はブレずに、感情だけが揺れている状態」です。一方、軸がなければ、際限なく揺れ続けます。


不安は、何かを守ろうとしたり損をしたくないという心理から生まれる。そうした現実的な損得にかかわることを一つ行ったら、損得の入らないことを二つ、三つ行うとよい。バランスが取れ、不安を押し込めることができる。


私にとって運は、勝利や利益をもたらしてくれるものではない。運とは、絶体絶命のピンチに陥ったときに何気なく助けてくれるもの。つまり負けから救ってくれるのが運である。


勝ったり儲けたりしても、精神の幸せにつながるとはかぎらない。私は人生の成功者と言われる人たちから相談を受けることがあるが、見た目の華やかさと違って、内実はボロボロであることも多い。彼らの悩みを聞いていると、勝ったことが不運だったのではないかとさえ思えてくる。


自分のものにしようと近づいていくと嫌われて逃げられる。運に近づきたければ、つかまえるというより、触れさせていただくという気持ちでやわらかくアプローチする。それが肝要だ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ