栩木敬の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

栩木敬のプロフィール

栩木敬、とちぎ・けい。日本の官僚。東京都立大学(のちの首都大学東京)卒業後、労働省(のちの厚生労働省)に入省。労働基準監督官、大分労働局長、公益社団法人全国労働基準関係団体連合会事業部長などを務めた。

厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」の結果を見ると、正規・非正規社員の大半が金銭的な報酬以外に「仕事の内容、やりがい」「職場の人間関係、コミュニケーション」を重視していることが分かります。同じ給料なら人間関係が良好な職場でやりがいをもって働きたい。人は賃金のためだけに働いているわけではないのです。


福利厚生とは、経営理念に大きくかかわるものであり、経営者が理想とする事業活動において社員をどう処遇し、生かしていくかという戦略の柱になります。


社員が生き生きと働く明るい職場では、その逆の職場に比べて数倍、生産性が上がるとの調査があります。福利厚生を社員が喜びや誇りを持って働ける職場づくりに有効活用すれば、業績の向上や企業の発展も可能になります。


日本の社員は簡単に休めないのが現状ですから、休暇中のバックアップ体制など、社員がすんなりと休める環境を整えることが先決です。そのうえで永年勤続者には、自分磨きの時間となる長期休暇を用意するのが理想だと思います。旅行や趣味、資格取得の勉強、社会貢献活動など何でも構いません。その機会を会社負担でプレゼントするのがいいでしょう。そういう施策なら、現在のみならず将来の生きがいや自立にも結びつく贈り物として、経営者の温かい「思い」が伝わると思います。


経営者には「社員=パートナー」と考えるタイプと「社員=コスト」と考えるタイプがいて、後者は利益が上がらなくなると人員削減や労働力の非正規化に走り、福利厚生もまた単なるコストとして切り捨てます。しかし、福利厚生はむしろ投資であって、上手に活用すれば会社に多大な恩恵をもたらしてくれるのです。


さまざまな休暇制度も現状では必ずしも歓迎されていません。容易には使えないためでしょう。休暇の権利が発生すればすぐに利用する欧州などと違い、日本の会社は代替要員を確保していません。というより、日本の休暇制度はほとんど使わないことが前提だからこそ、代替要員もいないのかもしれませんね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ