栗山敏昭の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

栗山敏昭のプロフィール

栗山敏昭、くりやま・としあき。日本の経営者。「ばかうけ」などで知られる菓子メーカー「栗山米菓」社長。新潟県出身。明治大学商学部卒業、アメリカ国際経営大学院(のちのサンダーバード国際経営大学院)修了。永谷園を経て栗山米菓に入社。専務などを経て社長に就任。

人のためにやっている人が成功する。自分のことだけを考える人はうまくいかない。


社員がミスをしたらそのとき対処すればいい、業績が下がってきたら上げればいい。流れに任せることで、心穏やかでいられる。


一番大切なのは、「こうなりたい」と思うこと。思いがあるとそのとおりに行動するし、周りも応援してくれる。だから、不思議と思ったとおりになってしまう。


常に悩んでいますが、あまり物事を深く考えずに動くということも心がけています。


「なんで自分が?」と、思ったらうまくいかない。まずは「よし、新しいことをやってやろう」という前向きな気持ちがなければリーダーは始まらない。


社長になったばかりの頃、ある方から「自分の判断基準、座標軸を持て」と言われました。以来、自分なりの座標軸を持って、なるべくブレないようにしてきました。「人間として何が正しいことか」ということですね。たとえば、挨拶を大事に、家庭を大事にしようと。それを社員と一緒に理解し合う、という努力をしてきました。


社長になると、社員は絶対私に遠慮するでしょう。だから、勉強会に参加したり、自ら主催したりして、遠慮なく文句を言ってくれる仲間を外部に持つようにしています。


挨拶がいい加減になっていったり、人の気持ちがわからなくなってくると危ない。人の気持ちがわからないというのは、おごりが出ているということですから。挨拶や、感謝の気持ちを忘れないことは重要です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ