栗原典裕の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

栗原典裕のプロフィール

栗原典裕、くりはら・のりひろ。日本のビジネストレーナー(コミュニケーション)。青山学院大学法学部卒業後、国際証券(のちの三菱UFJモルガン・スタンレー証券)、栄光ゼミナールなどを展開する栄光に入社。その後独立し青山コミュニケーションセミナーを開設。著書に『気まずい沈黙なしでどんな人とも話がはずむ会話のコツ』『「好印象」を与えなければならない人の話し方の習慣』『「また話したい」と思われる人の会話のルール』。

常日頃から相手と良好な関係を築いておくことが重要。たとえば、手柄を渡すなどして普段から上司に「貸し」を作っておけば、困ったときに相談を持ちかけても「あとにして!」と言わず、すぐに手を差し伸べてくれるでしょう。


新しい案件だと面倒でも、すでに相手が関わっている進行中の案件だとハードルが下がるので、「先日ご許可いただいた○○の件ですが」などと、以前の話の続きであることを示すところから始めるのも効果的。


重要なのはタイミングを見計らうこと。相手の機嫌が良いのはどういう時なのか、傾向を知ることと、表情や仕草から心に余裕があるかどうかを観察することによって、話を切り出すのに最適なタイミングがわかるようになります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ