柳井正の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

柳井正のプロフィール

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

ライトノベルやハウツー本を読んで、偉くなったり、本当にいい経営者になった人はいない。


いつ死ぬか分からないなら、生きているうちに自分ができることをやったらいい。本気でやれば、できないことはない。


チャレンジしない人生は、意味がない。
チャレンジしない企業も、意味がない。


ビジネス=実行です。ビジネスは、勉強とは違います。勉強しても、できなければ意味がない、それがビジネス。


自分で考えなければ、実際の行動に移せない。


人間はいつか死ぬ。生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか。


世の中はもう危機だらけで、危機を楽しみながら、どうやって世界を変えていくかを考えないといけない。


自分から変わろうと思わないといけない。評論家や傍観者ではダメだ。


あらゆることは原点に返って、目的は何なのか、結果としてどういうものが必要なのかということを、よく考えないといけない。


世界一にならない限り儲からない。世界一でない限り成長できない。


理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う。


誰も期待しないのであれば、少なくとも自分が自分に期待しないといけない。


経営者に熱意がないと何も始まらない。


経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない。


会社を沸騰させて飛び上がるほど熱くしないと、普通のサラリーマン体質の人には危機感が伝わらない。


会社は、経営者次第、トップ次第。うちの海外事業を見ても、うまくいっているところと、うまくいっていないところ、全部トップで決まっています。


熱意を伝えようと思えば、何千回、何万回と同じことを、本当にイヤになるくらい言い続けなければならない。それも心をこめて真剣に語ることが大切。


部下の欠点ばかりを指摘する上司もいますが、欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切。


社員の長所を伸ばして活かすのも経営者の仕事。


商売というのは体得です。経営も体得。知識でできるなら学者がみんな経営者になっていますよ。


自分より相手のことを考えている人は、これからの時代、必ず活躍できる。


会社には夢がないといけない。ダメな会社ほど夢がない。夢がなくて、昔のことばっかり考えている。


いい会社、いい組織をつくろうと思ったら、当たり前のことが当たり前にできるようにすること。


傲慢になると、人は小さなこと、部下のちょっとした心の変化などに気づけなくなる。


未来をつくるのが経営者。


たとえ再建に失敗したとしても、失敗した人のほうが見込みがあります。何もしない人が一番ダメ。


知らせなければ誰が買ってくれるんですか?
【覚え書き|広告宣伝についての発言】


オンリーワンでは世の中を変えられない。ナンバーワンでなければならない。


あらゆる産業においてナンバーワンが儲かります。ナンバーツーやナンバースリーはそこそこ儲かり、それ以外は儲からない。


時代が変わったという事をもっと認識してほしい。年寄りの言う事を聞いていたら駄目。


リーダーシップとハングリーさが欠けている事は経営者やリーダーとして致命的です。与えられるのを待っているような人は駄目です。


未来を創るのが経営者です。未来を創るという事は、ある意味ではクリエイターなのです。


自分たちは、世の中に役立つものをこれからもつくり続けなければいけない。


真っ当に生きれば、怖いものはない。


店を開けていればお客様は来て当然、売れるのは当たり前と考えるのは大間違い。


去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く。


経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。


顧客の創造が重要です。お客さんが来て「これください」と言われてはじめてビジネスが成立するのです。


会社は自分の為にあるわけではありません。社員の為でもありません。お客様のためです。


終点はありません。企業は満足したらそれで終わりです。


経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。


逃げたらダメ。砕けても良いから正面から突破することを考えるのが企業家ではないでしょうか。その姿を見たら、絶対誰かが協力してくれるはずです。


単純に商品が良いだけでは売れません。我々が何を目指しているかを理解していただいて初めて商品が売れると考えています。


ブランド戦略=企業創りなので、ブランドをどのように伝えていくかが重要。


「その会社やその事業が無いと困る。世界にとってその会社が絶対必要だ」と思われる企業にしたい。


世の中を変えるにはナンバーワンでなければならない。


ビジョンなき事業は売った方がいい。


重要なのは成長し続けること。僕は死ぬまで成長したい。それが一番いい人生だと思うんですよね。


仕事がその人をつくる。


考えないと、会社というのはすぐ潰れます。


未来に向かって次はこういうことをやろうと考えないと、いまのこの位置すら危ない。


昔のことを振り返るのではなく、つねに将来のことを考えないといけない。だから危機感がないところには未来はない、と思います。


個人でも、企業でも、国でも同じ。安心感を持った途端に終わりなんです。「これで達成した」と思った途端に終わり。


現場を経験することは、すごく大事。上から下を見るだけでなく、下から上を見る。上下両方とも経験することで、偏りなく見ることができますから。


自分から進んで、仕事の幅を広げていく必要がある。


経営者が「善い」ことをしようとしているからこそ、周囲は協力する。


日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。


まだ小さな会社でも、夢に共鳴する人が多ければ、事業を拡大できる。


経営者には高い倫理観が求められる。悪だくみや単なる金儲けのために協力してほしいと求めたら、社員も取引先も手を差し伸べてはくれない。


最も重要なのが顧客だ。顧客が不在なら、そもそもビジネスは成立しないからだ。


困難な時代だからこそニーズが産まれる。


既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。


本当のイノベーターは辺境から現れる。


仕事は自ら創り出すもの。仕事を見つけるのではなく発明するものです。


つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべきです。トップが夢を実現しようといわない限り、社員は信用しない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ