林野宏の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

林野宏のプロフィール

林野宏、りんの・ひろし。日本の経営者。クレディセゾン社長。京都生まれ。埼玉大学文理学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室、マーケティング部、事業計画部など新規事業の創設業務部門を渡り歩く。その後、西武百貨店の系列会社、西武クレジット(現:クレディセゾン)へ転籍。取締役、常務、専務を経て社長。経済同友会副代表幹事などを務めた経営者

真似されるのは仕方がない。真似されるということは、価値がある証左。真似されたら、次の手を打つ。先に手を打ち続けることが大事。


一番ダメなのは、何もしないこと。次にダメなのは、去年と同じことをやること。


確かなのは、「従来通り」では、もはや生き残れないということ。


これはやる、これはやめるという決断を、リスクを取って下せるかどうか。誰もそれをしない組織は硬直化し、変化についていけません。


当然真似されるものと思って手を打ち続けていると、ある時、真似できないことが出てくる。それこそが決定的な「差別化」のポイントになる。


縮小する市場にあっては、限られたパイの奪い合いだ。後れを取った者に分け前はない。


ビジネスにおいて最も大切なこと、それは「先手を打つ」こと。


もう後がない、追い込まれていることが大事なんです。


人がいない、カネがない、ノウハウがない、ということが新しいものを生み出す。


熱をもって、お互い競争することが大事です。安心感が出てくるとダメで、イノベーションが妨げられる。


危機感と競争心が会社の原点で、当社の強み。


感性に関わるような部分は特許などでは守りにくい。だから、競争はしんどい。しかし、そのしんどいところこそが、勝負を分ける。


消費者は見ていますよ。どこが真剣に消費者のことを考えていて、どこが真似しているだけなのかを。


市場を甘く見てはいけないが、萎縮してもいけない。小さなイノベーションでいいんです。それを工夫して作り出して、実行に移すことが大事。


共鳴や共感が消費を生む。


「感性優先」の商品が支持されている。特に、成熟した社会においては、自らの感性と共鳴する商品を求める人たちが増えてくる。


組織も個人も「完成形」はない。避けるべきは、閉塞状況を「安定状態」と換言し、安易に現状維持に流れることだ。


現状維持のためのコストが多ければ危険信号。創造的破壊の必然を前提とするなら、そのコストは「変わるため」に使った方がいい。


状況は常に変化する。それに対応することは大事だが、起きたことに対処しているうちは、主導権を握れない。成果をつかむには、リスクを取って自ら仕掛けるべし。


心身ともに健康で、充実した人生を歩むためには、夢中で遊び、学び、働くことが大切だと思います。


何かに夢中になる時間が多ければ多いほど、人生は豊かになっていくもの。


好奇心旺盛な子供のように、何事にも夢中になることは、心身の若さを保つ秘訣にもなるのではないでしょうか。


感性や知恵を磨くポイントは、夢中になれるかどうかです。遊びって夢中になってやりますよね。そうすると能力も飛躍的に伸びる。一番いいのは、仕事を遊びにしてしまうことです。


大きな目標があれば休日の過ごし方も変わります。無駄な時間をなくし自己投資や人脈づくりの時間を増やそうとします。社長らしい広範な知識を身につけるべくあらゆる本を多読精読するのです。そうやって日々を過ごすと、真の実力がつきます。


競争の激しい社内でライバルに勝つには、自らが高い意志やビジョンを持つことが大切です。自覚が自己を鍛え、結果的に人より秀でるきっかけになるのです。


資本主義における企業の本質は競争です。日々少しずつ価値観が変化する顧客の支持を取り付ける競争が続くのです。


21世紀を勝ち抜くのに重要だと私が考えるのは創造的破壊です。誰かのイミテーション(模倣)ではなく、マーケティングを超えてまったく新しいイノベーションを起こすことです。そのためには社員が強くなければなりません。


努力の日々を積み重ねると、その実力は単に社内で通用するレベルのものから同業他社、さらに異業種でも通用するオールマイティなものに進化します。そうなれば怖いものはありません。


相手の苦手な部分を発見したら、そこで勝負をするのです。もし相手がエリート大学出身で細かい仕事を嫌がる腰の重いタイプなら、自分は泥臭く顧客の下へこまめに足を運び、面倒くさい仕事を引き受けるのです。相手の弱みを逆手に取るのです。


どうしてもライバルに敵わない場合、無理して戦ってもノイローゼになります。潔く撤退して違う土俵でリベンジする勇気も必要でしょう。


これまで私にも社内に多くのライバルがいましたが、最終的に勝てたのは「トップを目指す」気持ちの強さがあったからでしょう。


当社では中途採用を重視しており女性の幹部登用も積極的に行っています。多様性を重視し、社内をある種のカオスにすることで、社員間に健全な競争が生まれると考えています。


いまの会社に赴任して私が最初にしたのはライバル企業への挨拶です。彼らの多くは銀行からの出向者でカード事業の経験はなく、しかも2から3年で銀行に戻るのです。そこがライバル企業の弱点でした。こちらもノウハウや人脈がなかったですが、カードの時代が来るという先見性とやる気だけはありました。だから勝てると思ったのです。


社長をライバルに見立て、そのポジションを本気で目指せば目の前の課題だけでなく大きな視点でものごとをとらえる習慣がつきます。この時点で、狭い視点で汲々とするライバルに一歩差をつけられます。目標が部課長ではなく組織の頂であるため努力が長続きするのです。努力が長続きすると、自分なりの戦略も持ち、ライバルに勝る武器を持とうと絶えず精進できます。上司に依存せずに自分でものを考え行動するので知恵もつきます。


私は大学卒業後、西武百貨店へ入社しました。そのころの西武には、堤清二さんという絶対的な存在が君臨していました。しかし、新人の私は当初から「社長に勝ちたい」と、勝手に堤さんを仮想のライバルに仕立てていました。39歳のときにいまの会社に移ってからも同じ志を抱き続け、その後、社長に就任しました。


景気がいいころは市場が成長し各社はそのパイを分け合いました。それはバトルロイヤルのようで一見派手ですが、勝ち負けが明確ではなく、ダラダラと試合が続くような印象でした。しかし現状は、やるかやられるかの真剣勝負で1秒たりとも気が抜けません。


人生で最も大事なのは、「短い」と感じられる時間をどれだけ多く持てるかだと思っています。


同期入社の社員を見渡せばわかると思いますが、夢中で仕事をやり続けている人間などほとんどいません。仕事で成果を出せるかどうかを分けるのは、とどのつまり目標に向かって情熱を継続する力なのです。私は風呂でも、布団の中でも、常に新しいビジネスのアイデアを考えています。


セゾンカードにはポイントの有効期限がありません。これは他社が容易に真似できるサービスではありません。発行したポイントに対して膨大な引当金を積まなくてはならないからです。ビジネスは、他の追随を許さないクリエイティビティを連発していけば、必ず勝てます。カード会社としては完全に後発であるわが社がカード業界のトップに立てたのは、まさにこのためなのです。


私はこの会社を、社員の誰もが知識や情報を知恵に変えることができる多数精鋭の組織に育て上げたいと思っています。


最高の商品とは、発売の前から期待値が高い商品です。クレディセゾンはこれまで、年会費無料のカード、サインのいらないカード決算方法、永久不滅ポイントなど、日本初の新サービスを提供してきました。この結果、「次はいったい何をやってくれるのか」という期待を集められるようになりました。


クリエイティビティがあり、しかも人を動かす力のある文章を書くのは、じつは難しいことではありません。夢中で仕事のことを考え続けていればいいのです。


本当の面白さはクリエイティビティにあります。クリエイティビティとは、新しい発見、新しい発想です。「これまでになかった考え方だ」と思ってもらえたとき、文章は初めて商品としての価値を持ちます。しかも、その発見や発想が、他に真似できないものであれば、商品としての価値は一層高まります。


アメリカン・エキスプレスと提携の契約を結ぶまでに3年の歳月を要しました。私はブルックリンに行って、アメリカン・エキスプレスのCEOに「このカード(クレディセゾン発行のアメックスとの提携カード)をつくれば日本のマーケットで勝てる」と力説しましたが、CEOはなかなかうんと言ってくれませんでした。難しい社内事情があったのです。そのとき、ふと窓の外に目をやると、自由の女神が見えました。そこで「あれは、不自由の女神ですね」とCEOに言いました。私とCEOの心境を表すこの言葉はよほど印象的だったらしく、契約締結のために担当部門の責任者が来日した際、自由の女神のレプリカをプレゼントされました。


文章の評価は読者が決めるものだと割り切ることが大切です。書きたいことを書くのではなく、読者が喜んでくれること、感心してくれることを書くのです。要するに、読者にとって面白くなければ駄目なのです。最初は直感的に書いていって、今度は読み手として面白いかどうかを検証しつつ、書き直しを加えていくのです。


本の要約を社員に送り付けるだけでは、知恵への転換を果たせたとはいえません。このサマライズをどうやって事業に活かすか。そこがまさに知恵なのです「Rレポート(林野氏の社内メール報)」には、そのためのヒントをちりばめています。「ヒントは出したから、あとはみんなで考えてくれ」ということです。


本の要約で大切なのは、本に読まれないこと、本の内容を丸呑みしないことです。書いてあることが全部正しいわけではないし、自分と考え方が違う部分もあります。そういう部分は飛ばしてしまうか、リライトしてしまいます。そして、重要なこと、面白いことだけを短い文章で個条書きにするのです。最初はずいぶん時間がかかっていましたが、いまではA4二枚のレポートを1時間ほどで書き上げることができます。


社長就任の当初から、私は「R(林野)レポート」という文書を社内メールで配信し続けてきました。発行号数は、もう100は超えているはずである。最初は首相の所信表明のような内容でしたが、最近は読書の内容を要約して配信することが多くなりました。


よく、秀才ばかり雇っても企業は立ち行かないと言いますが、豊富な知識を持つ秀才は大変価値があります。問題は、その知識を知恵に変えることができるかどうかです。企業はスタッフ部門が知識や情報を知恵に変え、現場がその知恵を行動に移し、富に置き換えることで成り立っているのです。


書くとは、知識や情報を知恵に変える行為であり、文章は、それ自体が商品でなければならない。


人間の能力には大差がないはずです。あるのは、仕事でも遊びでも目標に対する情熱をどれだけ熱心に維持できるかの差だけです。


私が西武百貨店に勤務していた30歳前後の時期に、自分で自分にハードなトレーニングを課しました。具体的にいえば、「どんな課題でも2時間で答えを出す」という訓練です。私は上司から振られた問題について、いつでも2時間集中して考え、必ず2時間で答えをアウトプットするよう自分に課しました。当日の夕方までには必ずレポートを書いて提出しました。クイックレスポンスです。いわばバッティングセンターのように、堤さん(堤清二社長)が次々投げ込んでくる剛速球を、とにかく必死に打ち返すのです。ファウルでも当たり損ないのチップでもいい。打ち返すことが大事なのです。見送りや空振りはダメです。こうした訓練を連日積み重ねたことで、私の頭の中には、必ずアイデアが浮かんでくるという一種の癖が形成されました。


ルーティンワークは面白くないと感じられがちです。集中力を発揮できないことも少なくないでしょう。そういう場合でも工夫の仕方次第で、仕事はいくらでも面白くなります。仕事をゲーム化すればいいのです。たとえば、同僚とどっちが先に帳簿の記入が終わるかスピードを競い合う。あるいは自分一人で時間の目標を立てて、それにチャレンジする。今日は自己記録更新だと、ひそかに喜ぶのもいいでしょう。ゲーム要素を入れることで、つまらないと思っていた時間もあっという間に過ぎてしまうはずです。しかも、仕事の処理能力も向上します。


情熱を絶やさずに目標に取り組み続けていると、蓄積されたものが、ある一定の量に達したとき、ヒラメキという女神が微笑んでくれることを体験的に理解できます。


遊ぶことは大切です。それは、結果的に仕事に大いに役に立つからです。斬新なアイデアや、先を見通したクリエイティブな発想の源にもなっていきます。そのためには、どんな遊びでも徹底してのめり込むことです。その分野で本が一冊書けるぐらいの意気込みで取り組むことが大切です。麻雀も徹底してやれば、ツキを逃さないためにはどう動けばいいかといったことを学べます。また、人間には直感が与えられているということも知ることができるでしょう。


私は、何事にも好奇心を抱き、どんなことでもタブー視せず、自分で体験してみることが大事だと考えて、面白がって様々なことに取り組んできました。


私は人生の時間は三等分したほうがいいと考えています。「仕事をする時間」「睡眠や食事、休息の時間」「遊ぶ時間」です。一般的には仕事と休息、オンとオフというように二分して考えがちですが、「遊び」と「休息」を区別して、仕事も含めそれぞれ3分の1ずつがいいと考えています。


人間の頭脳は仕事をしながらでも今日の夕飯は何を食べようかなど、別のことをいくつも考えることができるものです。それだけ高い能力が備わっています。その、複数のことを同時に考えられる能力を、2時間の間、たった1つの課題に集中させるのです。


課題への集中と、情熱の持続。短い時間と、長い時間を組み合わせることで、私はビジネスパーソンとしての人生を形作ってきました。


日本人は休みすぎだと、私は考えています。私が新入社員だったころは、もっと厳しい環境にありました。休日は少なく、1日の勤務時間はいまよりずっと長くハードでした。私がこう強調するのも、次のように考えているからです。単なるサラリーマン、つまり自分の会社の中でしか通用しないアマチュア・レベルの人材から、プロフェッショナルなビジネスパーソンに脱皮するには、ハードなトレーニングが絶対に欠かせない、と。


大脳生理学によれば、脳は鍛えれば鍛えるほど、シナプスと呼ばれる神経細胞がネットワーク化されて、創造力が発達するそうです。遊びを通じて得たたくさんの経験や知恵が、シナプスのように有機的に結びついて、結果的に仕事にも生きてくる。私はそう考え、実感しています。


新入社員には単純作業だけでなく、自分の頭で考える仕事を同時並行で与えなければダメです。指示が細かくなるのは当然ですが、能力が上がれば簡略ですむようになっていきます。


部下の企画書作成が滞っていたとしたら、過去に好評を得た企画書のサンプルなどを渡し、まずそれを精査させてから書かせる。すると、部下はあたかも自分一人で達成したかのような満足感を得ることができる。こうしたOJTの反復により、自ら考える習性を身につけさせる。


部下を突き放すやり方は、いまは難しいでしょう。塾講師のような手取り足取りの指示が求められています。しかし、言われたこと以上のことを自ら考えてやるのが仕事です。上司は部下にそれを知らしめなければなりません。


難しい仕事は、若いうちからやらせるべきです。そこでへこたれなければ、あとで他の仕事が易しく思えます。日本の組織では、創造性が最も鍛えられる20代に最もつまらない仕事をさせるから、その組織でしか通用しない、自分を売り込む履歴書もしっかり書けないサラリーマンが出来上がります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ