林恵子(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

林恵子(経営者)のプロフィール

林恵子、はやし・けいこ。日本の経営学者。「ドゥクラッセ」社長。愛媛県出身。津田塾大学卒業、アメリカ・オレゴン州立大学心理学部留学。マテルジャパン、ディズニーストアジャパン勤務を経て、米国大手衣料通販会社「ランズエンド」日本支社長に就任。その後、ドゥクラッセを設立。

一人ひとりが商人として、損益を計算できるようにする。


競合の出現で分かったのは、お客様は品質をしっかりと見抜くということ。宣伝のやり方を見直して、戦略的にコストパフォーマンスのいい商品を広告で取り上げたところ、思った以上の反応があった。


一時的に採算が悪化したものの、競合の出現は当社にとってはラッキーだと思っている。「高品質のものをお値ごろ価格で」という当社の強みを、もう一度見直すチャンスになったからだ。


カタログ通販では、思わぬ形で競合が現れ、成長が鈍化した。いつかはビジネスモデルをまねされるだろうと思っていたが、徹底的に同じようなビジュアルで、あそこまで低価格の商品が出てくるとは思わなかった。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ