林恵子(社会起業家)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

林恵子(社会起業家)のプロフィール

林恵子、はやし・けいこ。日本のNPO設立者。ブリッジフォースマイル理事長。津田塾大学卒業後、人材派遣会社「パソナ」に入社。副社長秘書や営業部門チームリーダーなどを経験したのち退職しNPO法人「ブリッジフォースマイル」を設立。児童養護施設で暮らす子供たちの自立支援を行っている。

面倒だからケンカしない、我慢する、という考え方もあるかもしれませんが、うちの家族はよくケンカします。そのたびに問題をひとつずつ解決していくんです。


自分が悪かったときは子供たちの前で、「ここはママが悪かったから謝る、ごめんなさい」といいます。たまに「それは間違っている」と子供から指摘されることもあるけど、でもそれで家族みんなの気持ちが整理され、安心するんです。


私の活動が「絶対的に正しい」という発想はないですね。だって、一番近くにいる人(夫)が、正反対の思想を持っているんですから!それでもあきらめなければ、どんな人とも折り合える、と思ったら、心に余裕が出てきたかな。


夫は、いつも家族を俯瞰してくれていた。これと決めたら暴走しがちな私に、やっていいことと悪いことの線引きをしてくれていたんです。もし夫婦で借金をしていたら、家族の生活まで破たんしたかもしれません。やっぱり一番の理解者は、夫だと気づいたんです。


以前、私が土日に仕事に出かけ、残された家事を夫がすることで言い争いになりました。結果として、土日のうちNPOの活動にあてるのは原則一日のみ、金曜夜に掃除をしておく、というルールをつくりました。夫婦で決めた妥協点です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ