松沢哲郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松沢哲郎のプロフィール

松沢哲郎、まつざわ・てつろう。日本の動物心理学者、霊長類学者。チンパンジー研究の第一人者。京都大学教授。愛媛県出身。京都大学文学部哲学科卒業、京都大学大学院文学研究科博士課程中退、京都大学理学博士。京都大学霊長類研究所助手、助教授、教授、所長、日本モンキーセンター所長などを務めた。

たとえ明日死ぬとわかっても、いつもと同じ1日を淡々と過ごしたい。


年中無休、1日12時間労働の研究生活が理想。


過去や未来を想像できる人間にとって、チンパンジーのように今に集中するのは難しい。だから時間を管理し、今に集中できる状態をつくる。人間ならではの能力を生かしてチンパンジーのように生きる。それが、私の理想です。


チンパンジーは、いまを生きる存在。過去を思い出したり、未来を予測することはない。一方、人間は過去の蓄積から未来を予測し、計画を立てるのが特徴。時間管理は、非常に人間らしいスキルだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ