松永安左エ門の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松永安左エ門のプロフィール

松永安左ヱ門(三代目)、安左エ門、まつなが・やすざえもん。日本の電力王。長崎県壱岐出身。父の急逝のため慶応義塾を休学。三代目松永安左エ門(実祖父の兄である初代は壱岐で商人として幕末から明治初期に裸一貫から財を成した。二代目は氏の父、若くして亡くなった)を襲名し家業を立てなおしたのち弟に任せて慶應義塾に復学し卒業。その後、日本銀行などに勤めたのち、福沢諭吉の養子の福沢桃介と商売をはじめたものの30代で鉱山経営に手をだし財産のほとんどを失う。その後、福博電気軌道専務を経て、九州電気常務、東邦電力副社長・社長などを務め、九州、関西、名古屋で電気事業を展開した人物。東京電力の設立者でもある。博多商業会議長会頭、衆議院議員なども務めた。

憎まれ役はわしが一切引き受けるから頑張れ。
【覚え書き|部下に対して言った言葉】


意気地さえあれば失敗などということは人生にないと思う。


ひとつの力を養ったら、二の欲を出せ。二の力を得たら、三の欲を出せ。人間は決して小成に甘んじてはならない。だが、小成を馬鹿にしてはならぬ。


世の中には人を馬鹿にしたがる奴と、馬鹿にされることを気に病む者とがある。いずれも馬鹿な話で、世渡りには、人を馬鹿にしてもいけないし、馬鹿にされても馬鹿にならぬ、その心がけが大切だ。


勝ち負けがあるからには、いつも必ず勝たねばならぬとは限らぬ。負けても良いし、むしろ負けるが勝ちという場合が多い。勝ち負けの結末は、上手に勝てばそれにこしたことはない。上手に勝てなければ、むしろ上手に負けた方がいい。


ビックビジネスで一番肝心なことは、人材を育成することだ。また人材はそうしたビジネスの中で養成されるものだ。


じつは結婚式当日も石炭買い付けで飛び回っていた。結婚式の日は、それまでの私にとって最大の石炭契約をした日であった。最終列車にようやく飛び乗って式場である下関の春帆楼に駆けつけた。
【覚書き|石炭商時代を振り返っての発言】


生来私はものごとに満足できない人間で、一応上手くいっている事業を見ても、時代に遅れてはいないかとか、革命的な技術が出たらどうなる、順調のようでも波乱が潜んでいる。というふうに、常に反対側の面が目につく男で、そう思ったら思った通りを口にし、筆にしてきた。


私自身は闘争的でいったん競争になるとどうしても勝つまで戦う執念があり、策も弄するが、これは喧嘩のための喧嘩ではなく、究極は平和であり、理不尽・不合理を否定する。いうなれば一殺多生の一殺であるから徹底的に戦う主義である。


人様のことについても、先輩、同僚、友人に対しても遠慮なく思うところを述べてきた。その反動として起こる私自身の不評や損得はあえて気にしなかった。どうせ人間、欠点もあれば長所もある。欠点はある場合は長所、長所も欠点になる。幸運は幸運にあらず、不運も幸運に通ずと思うからいっこうに気にならない。


私は、過去というものは、前向きのためのものでない限り、嫌いである。「青年は明日を思い、老人は過去を憶(おも)う」とするなれば、私も青年のつもりである。


要は創意と工夫、努力と熱で新しい環境をつくりあげることである。今日では、経済発展の原動力は物、金にあらずして、技術、すなわち人が根源であることが定説となっている。マンパワーの開発が先決というものである。


こう見えても、自分は独立した一個の商人だ。飢える気遣いははない青年だ。国の母や君に金をもらうケチな考えはない。
【覚書き|福沢桃介と福松商会を創業し金に苦労しているのを見た同郷人に「なぜ実家から金をもらわないのか。いま私が持っている金を置いていこうか」と聞かれたときの発言】


人間は商売をするために生まれてきたものではない。金を貯めるために生まれてきたものでもない。政治をするためでもない。社会に出た人間としてまず自分の生活を立てることは大切だが、金儲けにためには早回りして、いかなる手段も断行した私。しかし、これも少しく考えてみると、自分の知恵、才覚でやったようでも、多かれ少なかれ、人の、社会のお世話になっている。そう考えると、今後の自分の行動は、国家社会にできるだけ奉仕することが必要と思うようになった。
【覚書き|30代で財産すべてを失ったときを振り返っての発言】


そのときそのときの最高のものを設置するのが私の流儀で、これはいまでも同じ考えである。
【覚書き|東邦電力社長時代、名古屋に火力発電所をつくった当時を振り返っての発言。その発電所はアメリカでもほとんどなかった最新式だったため、ニューヨークタイムズで大きく報じられた。また、最新鋭の機械は技術者の育成にも役に立った】


どんな事業にも言えることだが、特に電気、交通などサービスを提供する事業は、「合理的な体制で、最も経済的に」運営することが課題である。独占をともなうし、また先行投資となる必要の事業であるからだが、そのために、企業はできるだけ集中した形で、大きく経営する必要がある。
【覚書き|九州にある電力会社、電灯会社、電気鉄道会社などを合併させたときを振り返っての発言】


石炭は下がる、株はガラ(暴落)、シナでの事業も大赤字、自宅は火事と、悪いことが重なったが、逆境に落ちてみるとかねて潜んでいたひとつの人生観が頭をもたげた。人間本来の姿やあり方、自己と社会の関係、自分の趣味や学問などについてのかねての反省が、急激に頭をもたげてきた。30歳を超えた年齢のせいもあったろう。


普通、塾生が数人、まれには十数人が散歩のお供についていくが道々、先生(福沢諭吉)からお話があり、ときには質問され、学生の議論を批判されるというふうで、散歩も教育の場であった。私は努めて先生に接した。先生のお話のうち、若いころはさほど気に留めなかったことでも、経験を経るにしたがって生きてきたし、大きな意義がわかってくることが多かった。


元来、私の家は商売のほかに土地もかなりあった。自分のうちの畑と知らず、スイカ泥棒をやって番人に怒鳴られたこともある。土地の管理、漁場経営などには相当手間がかかった。そこで私は酒造業、海産物取扱い、呉服業などは一切取りやめる決意をした。それらの業は他人に譲渡して、土地だけを確実に継承していくことにした。
【覚書き|18歳で家業を継いだ当時を振り返っての発言。父が亡くなり、家業は衰退しはじめていた】


祖父(初代松永安左エ門)は朝早く、家人や雇い人の手を煩わさずにお釜の下を炊いていた。積極的な活動家、創意の人で一代でかなりの産をなした。青年、壮年期に私が次々と事業に着手したのも、祖父の流儀を見習ったものだ。私のころとはただ経済の環境が異なっていたにすぎない。


祖父(初代松永安左エ門)は、壱岐の商家の主人で終わったにすぎないが、働き学ぶことを身をもって教えてくれた。松永家としては分家の身でありながら、幕末から明治にかけて、ほとんど徒手空拳、さして本家の援助も受けず、その時代なりの新しい事業をいろいろ興した。「人間は一生働き通すべきもの」という私の考えは祖父の生活態度から教えられている。


私は漫然と運を待つつもりは全然なく、私なりの努力を、心の命ずるところに従って、及ばずながら続けてきた。だから成敗は気にならない。「後悔なし」と威張れるほどではないが、自分の甲羅に似た穴を掘って、生きてきたつもりである。


私は悪運の強い男だとつくづく思う。運というものは面白い。初め良ければ後が悪かったり、その反対であったり、人によっては終始良かったりするものだが、私は運に恵まれて今日まで来た。


現状で満足しているわけではないが、電気事業に限っていっても、私が長い間考えていたことは、戦後になってだいたい実現した。敗戦という大きな動機があったとしても、世の中の動きというものである。
【覚書き:戦前に全国の中小電気会社を合併させ業界再編しようとするも受け入れられず、第二次世界大戦後に実現したことについて語った言葉】


同じものでも考えひとつ。やる奴はやるように考えるし、へこたれる奴はへこたれる方へ考えてしまう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ