松本紹圭の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本紹圭のプロフィール

松本紹圭、まつもと・しょうけい。浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。北海道出身。東京大学文学部哲学科卒業後、仏教界へ進む。超宗派仏教徒のウェブサイト「彼岸寺」を設立。お寺の音楽会「誰そ彼」、寺院内カフェ「神谷町オープンテラス」など仏教を親しみやすくする活動を行う。南インドのIndian School of BusinessでMBA取得。著書に『おぼうさん、はじめました。』『こころの静寂を手に入れる37の方法』『お坊さん革命』『お坊さんが教えるこころが整う掃除の本』『脱「臆病」入門』ほか。

他人と比較などしなくても、人はありのままで、本当にかけがえのない生命を生きています。


奥底にある不安や恐れを、真のリーダーと呼ばれる人は必ず乗り越えています。


自分が善人であることに執着すると、だんだんとがんじがらめになり自分の殻を打ち破れなくなります。


他人の人生を生きるのをやめて、ありのままの自分をそのままの自分として引き受けていく。そうすることによってはじめて自分の人生を生きられるのです。


自己愛や自分への執着心の強さは、自分と他人を隔てる壁を厚くしているようなもの。壁を高くして安心を得ようとしたはずなのに、高くするほど孤独に陥ってしまいます。


リーダーシップは社員間の競争の中で開発されるものではなく、根本的な人格形成や広い視野、長い時間軸でものを見る力を鍛錬していかねばなりません。


現代のような知識社会では、企業の未来を切り拓く価値を生み出す源泉は、やはり人にあります。管理型のマネジメントでは企業のブレークスルーとなるような価値を創出することはできません。企業としても一人一人のリーダーシップを開発していく必要があります。


不安や恐れで自分にしがみついている人は、会社組織を自分の確かさを強固にするための装置にしてしまう。しかし、その延長線上で殻を破るような大きな仕事に踏み出すことはできません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ