松本徹三の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本徹三のプロフィール

松本徹三、まつもと・てつぞう。日本の経営者。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。主に営業畑で活躍し、海外に11年駐在(韓国に2年、米国に9年)。伊藤忠米国法人上級副社長兼エレクトロニクス部長、伊藤忠東京本社通信事業部長、マルチメディア事業部長、宇宙情報部門長代行などを務めたのち退社。コンサルティング会社ジャパンリンクの設立を経て、米国クアルコム社から要請を受けクアルコムジャパンを設立し社長を務める。その後、クアルコムジャパン会長、米国クアルコム上級副社長を経て、ボーダフォン日本法人の執行役副社長に就任。ソフトバンクモバイル取締役副社長などを務めた。

ほかの人が既にやっていたり、他人でもできそうだったりする仕事には意味がないと思っています。70歳を超えたいまでも、仕事への情熱は失われていません。


職を失った場合に備え、日々の生活費をいくらに抑えられるか計算したこともあります。最悪時の覚悟を固めることは、失敗への恐怖心を和らげ、新しい挑戦を続けることにも役立ちます。


どんなに慎重になったとしても、ビジネスの世界において失敗のリスクをゼロにすることはできません。


いまだに思い出すのもつらい、どん底の経験でしたが、この失敗を契機に、私の仕事に対する考え方は大きく変わりました。それまでの私はどちらかというと情熱任せに突っ走る傾向がありましたが、一転して常に最悪のケースを想定し、リスクを厳しく管理することを心がけました。
【覚書き|伊藤忠商事社員時代、ニューヨーク駐在をしていた頃の失敗について振り返っての発言】


何か新しいことに挑戦すれば、当然リスクを伴いますから、場合によってはまた窮地に陥ることがあるかもしれません。しかし、「ビジネスのプロ」としての誇りを持ち続けている限りは、最後には必ず結果を出せると信じています。


リスクと正しく向き合うスキルを身につけたおかげで、乾坤一擲の勝負に際しても、大きな失敗を犯さずにキャリアを重ねることができました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ