松本利明(コンサルタント)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本利明(コンサルタント)のプロフィール

松本利明、まつもと・としあき。日本のコンサルタント。東京電機大学卒業後、外資系大手コンサルティング会社日本法人勤務を経てマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング シニア・コンサルタント。組織人事コンサルタントとして活動。マネジメント・クリエイティブス研究会理事なども務めている。

変革を成功させるには、優秀なリーダーは必ずしも必要ではなく、リーダーをも動かしてしまうフォロワーシップ、つまり下から上へのリーダーシップを発揮するメンバーがいるかいないかがキーになる。


日本には伝統的な人間関係の中で、年上や目上の人に敬意を払う文化があり、それは重要なことであるが、目上であるがゆえに、人格者であり、有能でなくてはならないとリーダーに対して過剰に期待感を抱いていることが多く、そのことがプロジェクトの進行を妨げるケースとなる。ゆえにリーダーにある「べき」姿を要請するのではなく、ありのままのリーダーを受け入れることが、実はお互いの信頼関係強化につながる。


人それぞれ、自分好みの行動特性がある。好みの行動特性がリーダーと一致していないと、事前にどんなに綿密なシナリオを練ったとしても、リーダーと噛み合わず、その結果、承認がもらえなかったり人間関係にひびが入ることもある。リーダーと最終意思決定者の好みの行動特性が違う場合には、承認を取るプロセスにも注意し、資料構成を差し替えるくらい綿密にシナリオを練る必要がある。


優秀なリーダーは組織の中に存在する。しかし、現在の組織変革活動においては、複数のプロジェクトが同時に進んでおり、すべてのプロジェクトに優秀なリーダーを配属する余裕がなくなる。そうなると、エースの補欠までプロジェクトをリードしなくてはならなくなる。


一般的なメンバーは「理想のリーダー像」に期待し、その理想と現実のギャップからリーダーに対して物足りなさを感じているが、スーパーメンバー(リーダーを動かすメンバー)は最初からリーダーに理想のリーダー像を期待していない。リーダーは完璧ではないということを理解しつつ、プロジェクトを成功に導くために、リーダーがどのように判断し動けば関係者全員がWin-Winになるかを考え、リーダーを活用するというスタンスで事にあたっている。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ