松平康隆の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松平康隆のプロフィール

松平康隆、まつだいら・やすたか。日本のバレーボール監督。ミュンヘン五輪で男子バレーボール日本代表チームを指揮し金メダルを獲得した。バレーボール競技発祥の地、米マサチューセッツにあるバレーボール殿堂に外国人としてただ一人選ばれた。

私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
【覚書き:松平監督は選手に対し事あるごとに世界一という言葉を使った】


指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ