松岡真宏の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

松岡真宏のプロフィール

松岡真宏、まつおか・まさひろ。日本の企業再生家。企業再生事業のフロンティア・マネジメント代表。東京大学経済学部卒業後、野村総研、バークレイズ証券などを経てUBS証券に入社。同社で株式調査部長、マネージングディレクターを務めたのち、産業再生機構に移り、マネージングディレクターとしてダイエーなどの企業再生に取り組む。その後独立し、フロンティア・マネジメントをパートナーと共同設立。主な著書に『逆説の日本企業論』『百貨店が復活する日』など。

産業再生機構では法律、会計、金融など、他分野の専門家と一緒になります。毎日新しいことを学ぶことができて非常に刺激的でした。


使命感なんてかっこいいもんじゃなくて、頼まれたからにはやらなきゃ、という感じでした。日々外国人と接する中で、日本経済の状況に危機感を募らせていました。外資で働いていると、逆に愛国的な気分になるんです。
【覚書き|外資証券会社に勤務時、産業再生機構に誘われたときを振り返っての発言】


アナリスト時代、海外の投資家を意識して、レポートでも英語に訳せない非論理的な表現は使わないようにしました。


我々はファンドではありません。会社を売却したりIPO(株式公開)をしたりして報酬を得るわけではないんです。再生して、そこでサヨナラというのでは寂しい。長期的視点で、二人三脚で再生に取り組みたいのです。


企業再生ビジネスは、次から次に予想外のことが起きます。それをモグラたたきのように処理しつつ、一方で債権者の金融機関に頭を下げ、経営陣に再生計画を説明し、従業員には「大丈夫です。信頼してください」とひたすら話をします。毎日その連続です。再生ビジネスはボロ儲けできるような仕事ではありません。泥臭い仕事です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ