村田晃嗣の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

村田晃嗣のプロフィール

村田晃嗣、むらた・こうじ。日本の国際政治学者。同志社大学学長。兵庫県出身。同志社大学法学部卒業、米国ジョージ・ワシントン大学大学院博士課程(政治学)留学、神戸大学大学院法学研究科博士課程(国際関係論)修了。広島大学総合科学部専任講師・助教授、同志社大学法学部助教授などを経て教授に就任。同志社大学法学部長、法学研究科長、同志社大学学長などを務めた。

私は、世の中にそれほど新しいものはないと思っているんですよ。私たちが新しいと思っていることは、その大半が、過去に先人たちが経験していることを若干変えたものです。過去の成功や失敗をふり返り、そこから何かを学びとることが、建設的な革新につながっていくと思います。


学内でも学外でも、できるだけ多くの人と出会い、議論することが、変化していく上で重要なことだと考えています。


勇気を持って一歩を踏み出せば、変えられることはたくさんあるんですよね。なのに、私たちはそれを躊躇してしまっているところがある。反面、過去の経緯や社会的な状況といった複雑な要因が絡まり、どうしても変えられないこともあります。一歩を踏み出せば変えられることを諦めてしまえば、私たちは変化のない退廃した社会に生きることになるし、何でも変えられるのだという幻想にとらわれると、エネルギーの浪費と多くの弊害を生んでしまう。


世の中がどんどん変化し、私たちはこれまで思いもしなかった発明や新たな価値観というものに次々と遭遇しています。そういう変化に富んだ時代に生きるためには、引き出しの数が多くなければなりません。ひとつの深い引き出しだけを持っていても、スピーディーに変化する21世紀には対応できないでしょう。この世の中でサバイバルするために、いくつもの引き出し、すなわち幅広い教養が必要なのではないでしょうか。


同志社大学はこの何年間かで急速に拡大しました。しかし私は、いったん立ち止まり、今後の同志社大学のあり方を見つめ直したいと思っています。14の学部間での連携や、学部教育と大学院教育のつなげ方など、少し落ち着いて考える時期にきているのではないかと思います。


たとえば同志社大学では、早稲田大学とのあいだに1年間の交換留学制度を設けています。よく思うのですが、日本中の大学で、こうしたことをもっと大規模にできないでしょうか。東京と京都だけではなく、東京の学生が1年間東北で学ぶ、沖縄で学ぶ、あるいは北海道で学ぶ。留学というと、すぐに海外校との提携という話になりますが、国内間の留学を活発にすることで、日本にいかに多様な文化と産業と社会があるかということを、学生のうちに見せておくのは非常に重要です。


私はいつも学生に言うんですが、これから君たちが相手にするグローバル社会には、偏差値を問題にしている人なんて一人もいないよと。ニューヨーク、ロンドン、香港のビジネス街で、日本の予備校が出す偏差値を知っている人なんて、誰もいないですよ。国際的に通用しない偏差値に縛られながら、グローバルな人材になれと言われている若者の不幸は、非常に大きいと思いますね。


私たちはややもすると、企業のトップ、大物政治家、ノーベル賞級の学者といった人に飛びつきがちです。でも、そういう人たちが活躍する背景には、成果を見なかった基礎的研究、脚光を浴びることのない隅々での人の活躍というものが膨大にあるはずです。それなくして、頂点は成り立ちません。


同志社大学の創立者・新島襄は、「良心を手腕に活用するような人物の育成」ということを唱えています。ここでの良心とは単に道徳的な人間のことをさすわけではありません。倫理的で禁欲的な19世紀のピューリタンではなく、多様性を前提にしながら、自分で判断し、自分で責任を取れる人のことです。


皆が皆、東京の視点でものを考えていけば、どんなに優秀な人たちが集まっても、金太郎飴のように同じような考え方しか出てきません。その点、京都は単なる地方都市ではなく、千年の伝統を持つ特別な地です。非常に長い歴史を持ちながらも、京セラ、オムロンといった多くのベンチャービジネスを育てた革新の土壌もある。つまり、伝統と革新のコンビネーションを有しているのが京都という場所なのです。


現在、日本の大学生の4割が首都圏で学んでいます。経済や情報だけでなく、教育の面でも著しい首都圏集中が起こっているのです。主要な有名大学もたいていは東京にありますが、その中にあって同志社大学は、京都に本拠を置く「首都圏外の大学」です。そのメリットは、首都圏以外の視点でものを考えられる人間を育てることができる、という点にあります。私は、「地方の視点」というものを非常に大切に思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ