村上賢太の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

村上賢太のプロフィール

村上賢太、むらかみ・けんた。日本の経営者。「アトムストーリー」社長。東放学園専門学校放送芸術科卒業後、CS放送局MTV、制作会社などで番組制作に携わる。その後、感動スタジオ(のちのアトムストーリー)を設立。

僕は、世の中に貢献したい経営者、未来をきちんと描けていて世の中を変えたい人をサポートしたい。パラパラ漫画だけでなく将来的にはアトムストーリーがないと困るくらいの存在になりたいですね。それをもっと大きな視点でみれば「思い合う世界」をつくりたいということ。経営者も従業員に歩みよって自分の思いを伝える。そのツールとしてアトムストーリーを使っていただきたい。


まず大事なのはビジョンの共有。これが重要課題だと思っています。今のウチのスタッフは漫画家をはじめプランナーもまだまだ進行形。漫画表現やディレクションなどももっと力をつけて、もっと実績をつくることが大事だと思っています。


経営理念の浸透というと抽象的ですが、あるLEDメーカーさんでは、「光で未来を変えてゆく」というビジョンがある。でも従業員には、なかなかビジュアルとしてイメージができない。だからパラパラ漫画で自分たちのつくった製品が世の中にどういう形で貢献していくか具体的な未来を見せる。例えば「自分たちが作った光の強度によって、細胞が見つかって薬ができて病気が治る」というようなことは、言葉で伝えるより、ビジュアル化した方がすんなりイメージできて、共有もできるんです。


感動というのは、例えば、料理人でも営業マンでも周囲の期待を上回るなど、やり方によって心を動かすことができる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ