李健煕(イ・ゴンヒ)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

李健煕(イ・ゴンヒ)のプロフィール

李健煕、イ・ゴンヒ。韓国の経営者。韓国トップ財閥サムスングループの2代目会長。サムスングループを創業した李秉喆(イ・ビョンチョル)の三男として生まれる。早稲田大学商学部卒業、ジョージ・ワシントン大学経営大学院でMBAを取得。東洋放送を経て三星(サムスン)物産に入社。サムスングループの会長を務め、同グループを大きく成長させた。そのほか日韓経済協会副会長、国際オリンピック委員会委員、大韓レスリング協会会長などを務めた。

人をおろそかに扱う企業は長く続かない。技術の発展が自動化を実現し、最先端PCがシステム化を促しても、仕事の中心はいつも人だ。


妻と子ども以外はすべて代えろ。
【覚書き|1990年代にサムスン電子の経営改革を行ったときの発言】


企業が社会的要求に関心を持ち、社会とともに発展するように促すことは、企業のもうひとつの責任だ。私はこれを企業の「見えない責任」と考えている。


結局、天才、優秀な人材をたくさん持った国家や企業が競争で勝つ。


父は経営の一線にいつも私を同伴し、多くのことを私に直接やってみろと注文した。しかし、どんなことにも、詳細な説明はなかった。


父は経営の一線にいつも私を同伴し、多くのことを私に直接やってみろと注文した。しかし、どんなことにも、詳細な説明はなかった。


他力とは本来、仏教の他力本願から由来したもので、自分を超越する絶対的な仏の慈悲を意味する。人間は自分、つまり自力を捨てることで人生が豊かになり、自分を愛しながら他者に奉仕するときに、やりがいが生まれる。私が経営をしながら常に考えている相生の哲学と同じ文脈ではないだろうか。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ