杉村健一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

杉村健一のプロフィール

杉村健一、すぎむら・けんいち。愛知県出身。20年以上の英語学習をやっていなかった状態から、サラリーマンをしながらTOEICに挑戦。半年で325点から885点、さらに2ヶ月の勉強で925点を獲得。著書に『ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法』ほか。

TOEICの目標点数は低いところから始めた方がいいと思います。高い目標点では実力よりはるかに難しい勉強をする必要があるので、つらくなって続きません。「土日の時間を全部勉強に充てる」などと言い出して、2週間程度で挫折するのはこのタイプです。まずは簡単な目標で達成感を味わって勢いをつけましょう。


私の場合は、半月ほど中学英語の復習にあてました。完璧に理解できなくても先に進み、何度か繰り返しました。無理に一度に覚えようとしないことも、挫折を防ぐコツだと思います。


最初に行なうべきは、「中学英語の復習」です。その類の本はたくさん出ているので、単語と文法を学べる本を一冊ずつ買ってきてやり直します。リスニングの練習も兼ねるので、CD付きの本を選びましょう。「いまさら中学英語?」と思うかもしれませんが、書店で立ち読みして、わからないところがあったら素直にやり直すべきです。中学英語の理解が中途半端なままだと、TOEICの解説書を読んでもわからないところが多く、学習効率が悪いからです。それではストレスが溜まり、挫折のもとになります。


私は寝る間を惜しんで猛勉強したわけではありません。勉強する場所は主に通勤電車。残業が多く子供も二人いますから、平日の夜や休日は、あまり長く勉強できません。平均学習時間は1日1時間程度でした。ただし「どうせやるなら」と、要領よく勉強する方法を一生懸命考えました。その成果が半年間の勉強で325点から885点、さらに2ヶ月の勉強で925点だったわけです。


TOEICの得点を上げたいなら、総合的な英語力を磨く前にTOEICに特化した勉強に集中すべきです。そして、TOEICで自信をつけたうえで勉強範囲を広げていったほうが、総合的な英語力もより向上しやすいと思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ