杉中洋文の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

杉中洋文のプロフィール

杉中洋文、すぎなか・ひろふみ。日本の経営者。「共栄火災海上保険」社長。和歌山県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)に入会。市場運用部長、関連事業部長などを経て共栄火災海上保険に移籍。専務などを経て社長に就任。

短期的な売上げよりも、お客様や募集代理店の方々と直接顔と顔を合わせてコミュニケーションを取ることを徹底しています。


決算後、役員が各拠点に出向いて、社員と直接対話する機会を設けました。役員が決算の内容を説明し、それについて社員が意見や課題を出し合い、議論する場です。参加するのは支社長・管理職のみならず、総合職・一般職も含めた社員すべてです。なるべくざっくばらんな雰囲気にして、社員の細かな要望を拾い上げられるようにしています。


「業界大手の売上げは、一社だけで約2兆円。対して弊社は1600億円強。規模ではやはり太刀打ちできません。では、どこで差別化を図るかと言えば、それは「人」に他なりません。それぞれの社員が100%の力を発揮すれば、3大グループにも決して引けを取らないはずです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ