本庄八郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

本庄八郎のプロフィール

本庄八郎、ほんじょう・はちろう。日本の経営者。「伊藤園」社長。兵庫県出身。早稲田大学第一法学部卒業。兄・正則とともに「フロンティア製茶(のちの伊藤園)」を設立。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

何をするにしても、国も企業も肚を括らなければ、何もできない。


みんなが反対するものほど売れる。


伊藤園の基本は、ものまねはしないということ。


自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけない。


どの国でも、海外へ出ていく時は肚を括らなければいけない。投資したカネがなくなってもいい、というぐらいの覚悟が必要。


メーカーであり、小売りもやりますから、粗利も大きくなる。


最先端のイメージにすることは若者の就業を増やすためにも重要です。最先端と昔からの技術をうまく現代風にアレンジすれば、生産性の高い農業が可能ですし、若者があこがれる農業も実現できます。


子会社を再建するときは、トップは伊藤園から送り出しますが、役員は内部からどんどん引き上げていくというやり方です。現場の社員のやる気を出して、全体を盛り上げていくことが重要です。


営業のコツは自分を売り込むこと。最初は商品を売り込んでもダメ。毎日通って、誠意と誠実さ、一所懸命さ、つまり自分を売り込むしかない。それができてやっと商品の話を聞いてもらえます。


再建を頼まれたことが始まりでしたが、引き受けた以上、きちんと再生させようと、我々のナンバー2を送り込みました。営業の総責任者を務めた人物で、彼がまずやったのは問題点の洗い出しでした。
【覚え書き|タリーズを連結子会社化した当時を振り返っての発言】


研究しなければ、お茶の基本が分からない。香りは何でできているのか、味は何でできているのか、細かい分析が必要です。そうやってお茶を知り尽くすことで、もっと良いお茶ができる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ