末川久幸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

末川久幸のプロフィール

末川久幸、すえかわ・ひさゆき。日本の経営者。「資生堂」社長。東京出身。国際商科大学(のちの東京国際大学)商学部卒業後、資生堂に入社。事業企画部長、執行役員経営企画部長、取締役執行役員、常務などを経て社長に就任。

ぐいぐい引っ張っていく姿もありますが、皆と一緒になってつくり上げていくというのが、私たちの世代のリーダー像。


本当に必要とされる商品、本当に強い商品であればその後も売れ続けるはず。


商品の価値をきちんと伝えないと、お客さまも今までは3千円の商品を使っていたのが、1千円でもいいというように、購買を見直す傾向がでています。


親子2代が資生堂という人は結構いますよ。自分の子どもが入りたい会社にしておかなければいけないですし、強い会社、チャレンジする会社をしっかりつくりあげて、次の世代の人たちに受け渡すのが私の務めだと思っています。


前向きに生きようというときに、化粧品は女性が生きていく上で欠かせない必需品であり、ものすごいエネルギーを与えてくれるものだということを、東日本大震災の被災地に行って再認識しました。それを作っているメーカーとしては非常に誇りに思いますし、意識も変わってきます。


社長に就任し、最終決定責任者とは、こんなに重いものかと日々感じています。夜中の2時くらいに急に目が覚めて寝られないということもあります(笑)。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ