木島洋嗣の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

木島洋嗣のプロフィール

木島洋嗣、きじま・ひろつぐ。日本人コンサルタント。上智大学経済学部卒業後、アメリカのNPOで国連本部の政府間交渉支援の仕事などを行ったのち帰国しリクルートに入社。リクルートワークス研究所で欧米の人材育成や若手社員の研究に携わる。その後独立し、シンガポールにツリーアイランズ・シンガポールを設立。シンガポールで日系企業の支援活動を行っている。また、日本会議所観光流通サービス部会副部会長、シンガポールの日本人会クラブハウス部長などを務めた。

仕事と遊びを分けないことも大事だと思っています。よくワークライフバランスといいますが、僕にとってはワークとライフは一緒です。フィー(料金)をもらえるからこの時間は仕事、そうでないからこの時間は休みと分けると、ボランティアの仕事や人間関係も「ビジネスになるかどうか」という発想になってしまいます。


人とのつながりは重要です。僕の場合、「この仕事は何がきっかけで始まったのか」ということは、いつも振り返るようにしています。すると、つれていってもらったバーで隣に座っていた人が日系企業のトップで、のちに仕事につながったというケースが結構あります。だから人間関係づくりには、お金を惜しまないようにしています。といっても、飲み代と交通費ですが。


これまでも、頼まれたことは好きだとか嫌いだとか言わずに引き受けてきました。それが最後はビジネスになると思っています。


シンガポールは前向きな人が多くて、毎日が楽しい。僕は気温で活動のレベルが変わるタイプで、冬の東京だと行動力が鈍ってしまいます。その点、こちらは温かくて、暗くなんてなれません。


シンガポール日本人会のクラブハウス部長の仕事は本当に地味です。電球を取り換えたり、壊れた自動ドアの修理を手配したりします。ただ、コンサルタントの仕事というのは、あの人に相談してみようと思われないと始まらないし、何より「木島さんのおかげで助かったよ」と言われると、自分も嬉しい。
【覚書き|シンガポールの日本人関連の組織で率先して働いていることについて語った言葉】


シンガポールでも採用や人事のコンサルから入りました。ところが、安いフィー(料金)で請け負うローカルのコンペティター(競合)がたくさんいました。もっとニーズがあり、コンペティターが少なく、フィーも期待できるものは何かと考えた結果、浮かび上がってきたのがアジアにハブ機能をつくる日系企業のコンサルティングでした。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ