木下幹彌の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

木下幹彌のプロフィール

木下幹彌、きのした・みきや。日本の経営者。兵庫県出身。兵庫県立神戸経済専門学校(のちの兵庫県立大学)卒業後、中央紡績に入社。日本シーラント社長、ウシオ電機常務取締役・副社長・社長などを経て、エム・アイ・ピー社長に就任。著書に『モノづくりの経営思想 日本製造業が勝ち残る道』。

経営者は自社が抱えている人材と技術にもっと自信を持つべきです。韓国や台湾、中国メーカーが台頭していますが、技術力、とくに品質面で日本は多くの分野で勝っていると思います。「日本が負けるはずがない」という信念をもってモノづくりをすべきです。


日本人が築き上げたモノづくりの思想は経営思想そのものです。


コスト低減は利益を出し続けるために、もちろん継続的なテーマです。ここで指摘したいのは、日本は海外に比べて工場原価の割合が低いことです。しかし、流通、販売を含めた総コストは割高になる。コストの見直しは企業全体で考えなければいけません。たとえば本社を東京から地方に移せば費用が下がるかもしれません。直販を進めれば流通コストは下がります。製造コストの切りつめばかりを考えているから行き詰ってしまうのです。


すでに大量生産から多品種少量生産にシフトしている企業も多いと思いますが、極端に言えば1個からでもつくれる体制まで突き詰める。リードタイムをさらに短くして、付加価値を少しでも高め、無駄な在庫を持たないこと。


多くの日本企業が製造拠点を人件費の安い海外に移しています。しかし、たいていの場合、実際には利益を出せておらず、成功していません。私は現地で販売する製品をつくるために海外に工場を移すことは賛成ですが、日本や他の先進国向けなら反対です。いまは人件費が安くても、いずれ高騰してメリットがなくなります。外国人を上手に管理することは難しく、技術が盗まれる可能性も高い。「円高だからやむを得ない」という声もありますが、急激に円安が進んだらどうするのでしょうか。


技術の進歩によって今後は資源を生み出せるかもしれませんが、基本的に日本は資源のない無資源国です。忘れがちですが、日本は加工貿易国としてしか生きていけません。そのためには愚直にモノづくりを日本国内で続けることが重要だと考えています。製造拠点を本国に戻す動きは米国などでも出始めています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ