望月広愛の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

望月広愛のプロフィール

望月広愛、もちづき・ひろちか。日本の経営者、コンサルタント。静岡県出身。北海道大学卒業後、日本楽器製造(のちのヤマハ)に入社。営業、マーケティング、企画、商品開発などの業務を経験する。その後、三和総合研究所に移り、東京経営戦略本部チーフコンサルタントを務める。その後、岐阜・愛知でイタリアンレストラン「ロッソえびすや」を展開するJ・アート・レストランシステムズの社長として同社を急成長させた。そのほか、MATコンサルティング社長、静鉄ストア社長、名古屋商科大学大学院マネジメント研究科客員教授、高知大学大学院講師などを務めた経営者。

他社が簡単にはマネできない組織の風土で差別化を図ることです。
【覚書き|成熟した外食産業で差別化を図るにはどうしたらいいかという問いに対して答えた発言】


人に対してやさしい気持ちを持つことが大事だということです。僕は、電車の中でお年寄りが立っているのに平気でタヌキ寝入りするような奴の集団では、会社は絶対に儲からないと思います。人を思いやり、互いを思いやることで、会社の生産性は永遠に伸びていきます。


従業員が楽しい気持ちで働いていると、お客様が何度も足を運んでくれるようになり、無料で私たちの宣伝マンになってどんどんお客様を連れてきてくれます。元気な従業員が接することで、お客様から「ありがとう」の言葉をもらいます。すると従業員はなお元気になって、たとえば5人分の仕事を4人でこなせるくらいにモチベーションが上がるわけです。売上が上がり、効率化するのですから、儲かります。それだけの話です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ