有馬頼底の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬頼底のプロフィール

有馬頼底、ありま・らいてい。日本の僧(臨済宗)。臨済宗相国寺派七代管長、「相国寺」「金閣」「銀閣」住職。東京出身。8歳時に大分県日田市の岳林寺で得度。京都臨済宗相国寺僧堂に入門。相国寺塔頭大光明寺住職、相国寺派教学部長、相国寺承天閣美術館事務局長・館長、京都仏教会理事長などを経て臨済宗相国寺派七代管長(相国寺一三二世)に就任。

精神を安定させ、何事もなく静かに日々を過ごす秘訣は掃除です。掃除は、物をきれいにするという意味があります。確かにそれはそうなんだけど、本当の掃除とは、自分の心を清め、平静に務めることです。掃除から始めてみませんか。


禅語で「無事是貴人」という言葉があります。ここに書いた「無事」とは精神が安定していて、何事もなく静かに日々を過ごせること。それができる人こそ最も貴いと、禅は教えています。しかし、それが難しい。


かつて京都では、ホテルや駅ビルの高さや意匠を巡って景観論争に発展しました。結果、高層建築物が建ち一時期、京都から観光客が減ってしまったのです。京都が東京や大阪になろうとしても駄目なんです。文化あっての経済。その順番を間違ってはいけません。


文化と経済は一見無関係のように思えますが、非常に密接な関係があります。京都の名所に金閣、銀閣があるでしょう。あれ、足利将軍が経済政策でやったんですよ。経済が、後世に残る文化を作り上げた好例です。一方で、文化あっての経済なんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ