日高利美の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

日高利美のプロフィール

日高利美、ひだか・としみ。18歳で銀座のママになるべく働き始める。26歳で銀座のクラブオーナーとなり、以降複数の会社を経営。著書に『いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる銀座の雑談手帳』『99%の新人が3ヶ月で知性と気配りを身につける銀座の教え』ほか。

仕事のできる方はネガティブな言葉をポジティブに言い換える言語感覚に長けています。「忙しそうだね」と言うときも、「人から必要とされてるんだね」とか、落ち着きがないのを見て「いつも元気だね」とか、言葉をポジティブな言い回しにするのが上手ですね。


クラブでVIPルームなど個室の席をご利用にならなければ、隣に座る方がどういうお仕事の方かわかりませんから、仕事の話や会社名、個人名などを大きな声でおっしゃらない方はさすがだなと思います。ちょこっと聞き耳を立てたときに、ほかのお客さんも自分と関係のある言葉や名前などが聞こえると、つい反応しちゃいますからね。クラブに来られるときは、その前のお食事のところでお仕事の話は済ませてくるといいのではないでしょうか。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ