斎藤佑樹の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤佑樹のプロフィール

斎藤佑樹、さいとう・ゆうき。日本のプロ野球選手(投手)。群馬県出身。小学1年生から地元の学童野球チームに入団。早稲田実業学校高等部に進学し、甲子園に出場。同高校の初の夏の甲子園大会優勝に貢献。早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。同チームで活躍した。

早稲田に来て良かった。どうしようもないキャプテンでしたが、部員が背中を押してくれた。
【覚え書き|明治神宮野球大会初優勝時に語った言葉】


何かを持っていると言われ続けていましたけど、何を持っているのか確信しました。それは仲間です。


打たれたシーンはあまり覚えてないんです。抑えたシーンの方を覚えています。たとえばホームランを打たれて負けたとしても、あの一発がなければ勝てたと考えるんです。別にそう思おうとしているわけではなくて、ホントにそう思っています。小さい頃からそうです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ