斉藤惇の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

斉藤惇のプロフィール

斉藤惇、斎藤惇、さいとう・あつし。日本の経営者。東京証券取引所グループ社長。慶應義塾大学商学部卒業後、野村證券に入社。同社に30年以上在籍し副社長、顧問などを務めた。その後、スミセイ投資顧問の顧問、住友ライフ・インベストメント社長・会長、産業再生機構社長、東京証券取引所社長、東京証券取引所グループ社長、日本取引所グループCEO(最高経営責任者)などを歴任した。

産業再生機構で100社ぐらいの会社を見て、自分で経営もしてきた経験から言うと、ダメになる会社の8~9割は驕りが原因。


神仏は人間に均等にチャンスを与える。そのチャンスに対して、真剣に、前向きに取り組むかどうかによって、人生が開くか開かないかが決まる。


複眼でものを見よ。


自慢した会社と謙虚に反省した会社を並べると、自慢した会社は必ず数年で落ちこぼれている。


人間は上手くいけばいくほど、ダメになっていく。人の声を聴かなくなるし、成功すると驕りの気持ちがどうしても出てきてしまう。そのときに、冷や水をピシャッとかけることが必要。


IT時代になって国境は消えたんです。人も金も全部一番最適で良い場所に向かって動く。


日本は「別に経済成長を追い求めなくてもいい」という成熟の罠にはまっていますが、豊かさは成長によってしか得られない。


大人はエネルギーを持った若者が舞い上がれる環境を用意することができるはず。


価値の転換をしなければ、このままでは日本の将来世代は大変になる。「仕事がなければ、自ら会社をつくる」という若い起業家たちを育てる環境が必要です。


良い企業に投資をして育てることで、みんなが潤う。そんな当たり前のことが忘れられている。私たちは、それを思い出してもらう使命があります。


日立製作所の中西宏明さんや、東原敏昭さんといった方々の経営を見ていると、本当は社外取締役など必要ないと思うんです。驕ってはいけないということを、あの方々自身が認識されていますからね。ですが、そんな会社でも社外取締役制度を導入するところに素晴らしさがあるんです。


これだけITが普及すると情報は隠せません。国家の機密すら流出する時代に、隠し通せるはずがない。恥が残るだけですよ。


アジアの市場は膨らむ。日本はどう取り込んでいくか。「オレがオレが」では振り落とされる。いかに共生するか。これを日本取引所グループの課題として挙げたのです。


以前から指摘されてきたことですが、日本の経営者には「会社は株主のもの」という感覚がいまだに希薄です。もちろんステークホルダーには株主だけではなく従業員や顧客なども含まれます。ただ、法律上は、会社は株主のものだということで決着が付いています。それなのに株主総会で社長が「マイカンパニー」と言ってしまう。株主に対しては「ユアカンパニー」と言うべきで、受託責任をきちんと果たさなければなりません。


日本の経営者は退くことにすごく躊躇する。これは撤退の物差しがきちんと決まっていないから起きるんでしょう。そのため先輩がやっている会社だからとか、そんな情緒的な理由で不採算事業をずるずると残してしまいがちなのです。


旧日本軍は兵隊さんは強かったけれど、真ん中から上に行くほど優秀でなくなっていった。その悪しき慣習が、今の日本企業に残ってしまっている。優秀な部長さんが経営陣に入った途端にダメになるなんて話は、皆さんもよくご存じでしょう。原因は戦略論を全く学んでいないことです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ