扇谷正造の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

扇谷正造のプロフィール

扇谷正造、おうぎや・しょうぞう。日本の評論家、ジャーナリスト、編集者。宮城県出身。東京帝国大学文学部国史学科卒業後、朝日新聞社に入社。社会部記者、マニラ特派員などを経て『週刊朝日』編集長に就任。数々のスクープを掲載し、部数を10倍以上伸ばした。「週刊誌の鬼」「戦後マスコミの三羽鳥の一人」とたたえられた。

人間は様々だ。頭のいいもの悪いもの。性質のいいもの悪いもの。気の強いもの弱いもの。体が丈夫なもの弱いもの。みんなまじりあって、そのなかで揉まれ、あい励まし、お互いに傷つき、そして成長していく。葛藤と摩擦の中から人間は育っていく。とすれば、コインロッカーのようなきちんとした機能的エリート社員だけを集めると、企業のバイタリティは失われていく。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ