戸次鑑連(立花道雪)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

戸次鑑連(立花道雪)のプロフィール

戸次鑑連(べっき・あきつら)、または立花道雪(たちばな・どうせつ)、もしくは戸次道雪。豊後大友氏の家臣。幼少期に下半身不随のハンデを負ったが、輿に乗って指揮を執ったとされる戦国武将。軍規には厳しかったが、部下思いでことあるごとに部下を褒めた。鑑連の墓の隣に自分の墓を建てた部下もいるほどだった。勇猛果敢に戦い、主君の大友宗麟に対し諫言するなど、大友氏のことを心底思い繁栄に尽力した家臣。千鳥(雷切)という刀を持っていたとされる

いま私の部下が失礼をしたが、この者は戦場では何人分もの働きをする。とくに槍の扱いなどは当家一であろう。
【覚書き|部下が酒の席で失敗したとき、客に謝りながら語った言葉。部下思いの道雪の人となりを現すエピソード】


本来、弱い士卒という者はいない。もし弱い者がいれば、その人が悪いのではなく大将が励まさないことに罪がある。
【覚書き:鑑連は部下を育てるのが上手いと言われた武将。武功のない部下には期待し信頼していることを伝え、武功をあげた部下には小さいことでも大いに喜び褒めた】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ