成井弦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

成井弦のプロフィール

成井弦、なるい・げん。Linux Professional Institute Japan(LPI-Japan)理事長。神奈川県出身。武蔵工業大学電気通信工学科卒業、米国カンサス州立ウィチタ・ステート大学大学院電気工学科修士課程修了。DECインターナショナル入社後、日本DEC取締役、米国DECの教育・コンサルティング事業担当副社長、日本SGI副社長などを経て、リナックス技術者認定制度「LPIC(エルピック)」などを行うLPI-Japanを設立し理事長に就任。

日本の競争力が急速に落ちている大きな理由は、日本の経営者が従来型のビジネスモデルのみをベースに企業経営をしてきた点にあります。


知的所有権を主張せずに開発に多くの人が無償で参加する事象は、ソフトウェアだけにとどまりません。世の中のいろいろな分野で起きており、私はこのような活動を「オープンソースムーブメント」と呼んでいます。たとえば、投稿型の料理のレシピサイトがありますが、そこで掲載されているレシピは、すべてユーザーの投稿です。自分の作った料理のレシピを多くの人に利用してもらえることが喜びにつながるわけですね。


仮に、オープンソース方式で100人の技術者が開発に参加する場合は、間違いなく100人全員がその開発プロジェクトに個人的な興味や熱意があります。一方、企業が100人の技術者を投入する開発プロジェクトではそのプロジェクトに個人的な興味や熱意を持つ人はほんのひと握りです。大半の技術者は好き嫌いとは関係なく社命として開発業務に従事します。両者を比較した場合、明らかにオープンソース方式で開発されたソフトウェアの方が良いソフトウェアとなります。プログラムのバグ(不具合)を修正する、地道なデバッキングといった作業ではこの差はもっと顕著に現れます。リナックスの開発スピードが早くまた完成度が高いのは当然だと言えるかもしれません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ