志賀直哉の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

志賀直哉のプロフィール

志賀直哉、しが・なおや。白樺派を代表する小説家の一人。短編小説と無駄のない文章が高く評価され、小説の神様と称えられた。のちの作家たちに大きな影響を与えた人物。約10歳年下の芥川龍之介が自分の創作上の理想と評した。代表作に『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』『清兵衛と瓢箪』『網走まで』『赤西蠣太』。東京帝国大学国文科中退

素人か玄人かは、その仕事に対する作者の打込み方の相違だ。


幸福というものは、受けるべきもので、求めるべき性質のものではない。求めて得られるものは幸福にあらずして快楽なり。


仕事は目的である。仕事をはっきりと目的と思ってやっている男には、結果は大した問題ではない。


読んだだけ、聞いただけがただ残っていくという意味の物知りがある。これは知恵というものにはならない。


自己嫌悪がないということは、その人が自己を熱愛することのない証拠である。自己に冷淡であるからだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ