徳富蘆花の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

徳富蘆花のプロフィール

徳冨蘆花、とくとみ・ろか。日本の小説家。明治元年生まれ。肥後国(のちの熊本県)出身。同志社英学校に学び、トルストイに傾倒(後年、本人のもとを訪れ会見した)。小説『不如帰』がベストセラーとなる。その後、ロマン主義の作家として活躍した。主な作品に『不如帰』『自然と人生』『思出の記』『黒潮』『順礼紀行』など。

謀反(むほん)を恐れてはならぬ。謀反人を恐れてはならぬ。自ら謀反人となるを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀反である。


人は生きねばならぬ。生きるためには戦わねばならぬ。名を上げなければならぬ。金を儲けなければならぬ。命がけの勝負をしなければならぬ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ