御木徳近の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

御木徳近のプロフィール

御木徳近、みき・とくちか。日本の宗教家。PL教団第二代教主。初代教主の長男として愛媛県に生まれる。京都府の旧制高等小学校を卒業後、宇治萬福寺で修行に入る。その後、父とともに御嶽教徳光大教会を設立。一時は結社禁止の処分を受けたが太平洋戦争後、PL教団として再出発した。そのほか、新日本宗教団体連合会理事長、日本宗教連盟理事長などを務めた。

小物の心境では、また人間力に乏しくては、快適な人生が送れないから、小物になるなかれと呼びかけるのである。


私が大物なれというのは、立身出世をせよというのではない。金儲けをせよというのではない。人生を爽快に、有意義に生き抜くには、豊かな人間力を身につける必要があるので、その意味で、すべからく人は大物になれというのである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ