後藤高志の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤高志のプロフィール

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

価格競争による利益なき繁忙から脱することが大事。


朝の来ない夜はない。一日も速い再生に従業員と力を合わせて全力を尽くす。


記者会見のときに、座右の銘はと聞かれて、「朝の来ない夜はない」と申し上げましたが、これは外に対してだけでなく、自分自身にも言い聞かせてやってきた。


私は人事が経営のもっとも大きなメッセージのひとつだと思っています。従業員に対しても、「会社は変わらなければならない」「グループで一丸となって問題に取り組んでいかなければならない」というメッセージもしっかり伝わったと思います。


私は以前、銀行にいたときにも「ビジョン」をつくりましたが、それは率直にいって、あまり求心力がなかった。ビジョンはあくまでもビジョン、仕事と深い関わり合いがあると実感していなかった。西武に来てはじめて「ビジョン」は会社の背骨であり、羅針盤であることを痛感しました。


私が西武に来たときにびっくりしたのは、社員がばらばらだったということです。グループ間の人事交流や面識もなく、他のグループ会社の社員にどこか違和感を持っている。これではグループ全体を統括していくのは難しい。人事的な面で一体感を持たせるために、持ち株会社の西武ホールディングスをつくったわけです。持ち株会社を中心にグループを運営し、グループ間の人事交流も相当活発にやりました。


一見小さなイノベーションの積み重ねが顧客満足度を高め、この電車に乗ってみたいな、あの沿線に住んでみたいなという魅力づくりにつながっていくのです。企業競争力の源泉と言っても過言ではないでしょう。


我々が口を酸っぱくして言っているのは、「井の中のゆでガエルにはなるな」ということです。鉄道会社は、ややもすると井の中の蛙になりやすいものです。運賃や定期券の収入が日々入ってくるため足元のキャッシュフローが非常に安定している。そこに安住してしまえば長い目で見たリスクをおざなりにしがちです。これを放置していたら最初は居心地のよかったぬるま湯が徐々に熱湯になって、最後は大やけどですよ。


私は、西武に来て最初の記者会見で「朝の来ない夜はない」と話しました。これはみずからを鼓舞すると同時に、グループ社員一人ひとりに伝えたかったことでもあります。この気持ちは、いまにいたるまで一貫して変わることはありません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ