後藤忠治の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤忠治のプロフィール

後藤忠治、ごとう・ただはる。日本のスイマー、経営者。「セントラルスポーツ」社長。日本大学商学部卒業後、大丸に入社。水泳男子100メートル自由形で日本新記録を達成。東京五輪に出場。現役引退後、東京工機を経てセントラルスポーツクラブを設立。多くのメダリストを輩出した。そのほか、(財)社会スポーツセンター会長などを務めた。

スポーツは結果がすべて。逃げたら終わりの厳しい世界。


五輪に出場できなかった選手は強いですよ。選考にもれた日も練習を続けますから。苦しさを乗り越えた選手は、その後の人生も自分で道を切り開く力が備わっているのです。


東京五輪での結果は11位。惨敗でした。調整に失敗し、米国の強敵ドン・ショランダーらの前になすすべもなかった。金メダルを取りに行った400メートルリレーも4位。気持ちの弱さが敗因です。私は五輪出場を目指したのであって、そこで勝つことを目標にしていなかったのです。


競泳を始めたのは大学に入ってから。入学時のタイムは水泳部でビリでしたが「勝ちたい」気持ちは人一倍強かった。テレビで見たローマ五輪に感動して「東京五輪に絶対出る」と思っていました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ