後藤亘の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤亘のプロフィール

後藤亘、ごとう・わたる。日本の経営者。「エフエム東京」「東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)」社長。福島県出身。東和映画を経てFM東海(のちのエフエム東京)に入社。同社社長を務め聴取率を急伸させた。その後、TOKYO MX社長に就任し、経営再建を行った。

経営者は、右手にロマン、左手にリアリズムを持つべきだ。苦しい状況でも、夢があれば頑張れる。他方で、現実的な厳しい手も打つ。


逆風は大歓迎。落ち切った状態は、見方を変えれば、もう上がるしかない。あとは一つひとつ問題を解決していけばいい。


大事なのは問題から逃げずに、正面から向き合うこと。


失敗やトラブルは成功のもと。怖がるな。乗り越えて、解決すれば、プラスになるんだよ。


経営者が分かったうえで任せて、見守り、しっかり評価して、責任は自分が取る。そんな環境でこそ、現場は思い切ったことに挑戦できる。


私の解決法は、必要な相手と直接会って話をすること。至ってシンプル。


分からないなら、分かる人に聞けばいい。そうして、大きな仕組みと流れを理解する。目の前の数字も大事ですが、それだけを見ていても、正しい判断はできません。


社員たちとのコミュニケーションを図るうえで心がけたのは、わからないことを納得するまで突き詰めること。トップが「よくわからないから任せる」では何もできない。


圧力をかけて無理やり従わせようとしても意味がない。皆が良い組織を作ろうと思うようになる、そのきっかけを与えるのが私の役割。だから、何より既存の社員たちの話をしっかり聞くことから始めました。


政財界から「経営を立て直せ」と要請があり、TOKYO MXの社長を引き受けました。当時はエフエム東京の社長でしたから二足のわらじ「メディア2社を同時に経営するのは無理」「MXはもうダメ。ラジオでの実績に傷がつくからやめろ」などと忠告を受けましたが、そう言われると「やってやる」となる性分でね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ