延岡健太郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

延岡健太郎のプロフィール

延岡健太郎、のべおか・けんたろう。日本の経営学者。広島県出身。大阪大学工学部精密工学科卒業後、マツダに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後マツダを退職。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でPh.Dを取得。神戸大学経済経営研究所助教授・教授などを経て一橋大学イノベーション研究センター教授に就任。主な研究領域はイノベーション・マネジメント、製品開発論、MOT(技術経営)。そのほか、経済産業研究所ファカルティフェロー、組織学会評議員、組織科学シニアエディター、一橋ビジネスレビュー編集委員などを務めた。主な著書に『価値づくり経営の論理 日本製造業の生きる道』『マルチプロジェクト戦略:ポストリーンの製品開発マネジメント』『MOT入門』『製品開発の知識』など。

経営のリーダーシップで「強み」を磨き続ける方が、はるかに効率的に価値を高めることができます。


モノづくりは、顧客にとっての価値をつくりだすことでもあります。メーカー側が顧客をよく理解し、顧客にとっての価値を提案するところまでできなければなりません。


自社の中核(コア)技術を大切にし、どうしても足りない技術や経営資源は他社からの調達も視野に入れつつ、新しい製品を生み出し続けることが大切です。


製品や技術のライフサイクルはいつか尽きます。現在の用途や目先に利益性だけに目を奪われてしまうと、技術革新や社会の変化でニーズそのものが変容したときに対応できなくなります。


有望な市場には新規参入が相次ぎます。よほど革新的な技術を携えない限りは、価格競争に巻き込まれます。市場が伸びている段階では表面化しなくても、いずれ利益なき繁忙に陥ります。


本質的には、汎用品などを幅広く手掛ける大手より、得意分野に特化した企業が多く集まる方が、日本の産業蓄積にとっては重要です。大企業は本当に強みを持つ分野だけに経営資源を集中することができず、どうしてもムラやムダが生じてしまう。


機能や技術、特許といった「表層」の価値にとどまらず、顧客との成功体験の共有といった「深層」にまで入り込むことが、競合企業の進出や模倣を防ぐことになります。それができれば、赤字が続くということはないでしょう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ