廣内武の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

廣内武のプロフィール

廣内武、ひろうち・たけし。日本の経営者。オンワードホールディングス社長兼会長。高知県出身。早稲田大学第一法学部卒業後、樫山(のちのオンワード)に入社。海外事業部長、取締役、レディス事業本部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。そのほか、日本アパレル・ファッション産業協会理事長、繊維ファッション産業協議会理事長などを務めた経営者。

生き残るには、メーカーという本業に磨きをかけ先鋭化・差別化していくことが重要。


いま、人気のブランドもやがてその価値は陳腐化していきます。常に磨いて進化させないといけません。リニューアルは自信がないとできないことですけどね。


社員には「日々、企画。日々、販売」と伝えています。実務にあたる者が常に時代感性を磨き、ブランドを育てていかなければなりません。


お客様に支持されるためには「サムシング・ニュー」すなわち、これまでにない差別化された独自性のある商品やブランドを提供する。これに尽きると思います。


体幹を支える筋肉群を鍛えるトレーニングを、毎朝30分行っています。健康であれば頭がよく働くし、やる気が湧いてきます。


休日は取引先とのゴルフです。でも頭は仕事から離れてプレーを楽しみます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ