平田進也の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

平田進也のプロフィール

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


「あんたと話していると気持ちええな」とお客様から思ってもらえるように、人が喜ぶこと、楽しいことをどんどん投げかけることが重要です。


いつも褒めよう褒めようと意識していれば、自然と相手のいいところに注意がいくじゃないですか。それを繰り返していけば、人のいいところにどんどん気づくようになって、やがてお世辞じゃない褒め方ができるようになるんです。


僕はお客さんをいつも褒めちぎっていますけど、それに対して「そんなウソをいうて」なんていうお客様はいません。みんな「本当?その言葉、いただいておくわ」と必ず喜んでくれます。相手を褒めるときに遠慮したり恥ずかしがったりするから、ウソっぽく聞こえるんです。たとえお世辞であっても、正々堂々といえばいいと思います。


じつは、小学生までは引っ込み思案な子供でした。中学校に入ったとき奮起して学級委員長になったんですが、当然上手にはしゃべれませんでした。そこで、先生のモノマネをやったらウケたんです。それが快感になって、それ以来、人を楽しませることだけを徹底的に追究してきました。


話を続けるコツは、「自分のことなんて考えない」ということかもしれません。上手くしゃべろうとか、恥ずかしいとか、そういう気持ちは脇に置いて、ただ相手のことだけを一身に見るのがいいんじゃないかと思います。そうすれば、相手が何を言って欲しいのか、自分が何を言ったらいいのかが自然と見えてきます。あとは少しの勇気を出して、それを言葉にしていったら、必ず相手から言い反応が返ってくる。その繰り返しをしていけば、お互いに心地よい会話も自然に続けることができるのではないでしょうか。


僕が普段お世話をしている関西のお客さんに比べたら、東京のお客様はなかなかガードが堅いですわ。女装した僕が近寄っていったら、喜ぶどころか逃げて行ってしまわれますから(笑)。でも、そういうお客様に対しても、他のお客様と変わらずに話しかけて褒めていったら、必ず通じるものなんですよ。


男性の方が褒められ慣れていない分、効果があると思います。人間はみんな褒められること、認められることを欲しているんです。山本五十六の有名な言葉があるじゃないですか。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」。この最後の褒めるという仕上げがあるからこそ、それが余韻として相手の心に残って、「あの人にまた会いたい」「自分も頑張ろう」と相手に思わせることができるんです。


褒める効果を高めようと思ったら、ただ褒め言葉を言うだけではなく、説明を付け加えるというのも大事です。なぜ素敵だと思うのか、どこが可愛いのか、ちょっとでもいいからその理由を添えるんです。そういうひと言があるだけで、最初の褒め言葉が相手の心に響いて、それが会話をつなぐきっかけになります。


女性に対しては褒めるのが大切です。「女性は褒められるためにこの世に存在している」と考えた方がいいと思います。なぜ女性がお化粧するか考えたことはありますか。自分で見るわけでもないし、化粧品代だって高いのに、なんで1時間も2時間もかけてメイクするのか。それは、人に見てもらって、褒めてもらうためなんです。女性は誰でも、綺麗ですね、美しいですねという言葉を欲しているのに、それを与えないなら、何を言ってもダメなんです。


僕ら添乗員にとって、しゃべらなアカンところで10秒話が止まったら、それは事故を起こしたみたいなもんですから。こちらから話題をどんどん振ってお客様の気持ちを温めていって、なおかつその熱い状態をキープしなくてはいけません。一度お客様の気持ちが冷えると、温め直すには何倍もエネルギーがかかりますから、話し続ける技術というのはホンマに大事ですね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ